• 不動産投資

年収500万円以上なら不動産投資家になれる?サラリーマンが不動産投資を始める方法とは?

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする
  • はてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送る

「マンションオーナー」「不労所得」「不動産経営」と聞くと、富裕層だけの特権と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、不動産投資は、一般サラリーマンや公務員の方にこそおすすめなのです。今回は、年収500万円から始められる不動産投資についてお伝えします。

不動産投資に年収が関係するのは金融機関でローンを組む時の審査

「年収500万円の自分には、不動産を買うだけの貯金や余力はない」と思うかもしれません。

しかし、不動産の購入資金は、キャッシュ一括で支払うだけが手段ではなく、ほとんどの方が金融機関でローンを組んでいます。金融機関でローンを組むには、「与信」としていくつかの融資基準を満たさなくてはいけません。融資審査の基準は銀行ごとに異なりますが、まずは過去3年程度の年収が審査対象となります。

また上場企業に勤務している方や医師・弁護士などのいわゆる「士師業」、公務員といった安定感のある職業が好まれる傾向があります。つまり銀行は損をしたくないので、「この人はお金を貸しても、返済してくれるか?」ということをチェックしています。

住居用の住宅ローンであれば、返済する個人の属性が重視されますが、不動産投資用として融資する場合、個人の属性だけではなく「対象の投資用物件は、収益を見込めるか」ということも含めて審査されます。

年収500万円のサラリーマンでも不動産投資家になれます!

ある投資家が、不動産投資を始めたときは年収500万円のサラリーマンでした。毎月の給与から少しずつ貯蓄し100万円ほどの預貯金がありました。この預貯金を元手に老後に備えて投資を始めたいと考えていたところ、毎月収入を得られ、且つ、少しの自己資金から始めることが出来るのが不動産投資であることを知りました。ワンルーム一部屋とは言え、数千万円のローンを組むことになりましたが、新築のワンルームで物件の評価が良かったことと、個人属性に問題がなかったため、金融機関の審査はスムーズに進み、無事に物件を購入することが出来ました。ローンの返済は、購入した物件に住んでいる人が支払う家賃から返済をするため、毎月の手出しは数百円程度でした。さらに、不動産投資は事業となるため、節税の効果を得ることもできました。

その後、仕事でキャリアを積み、年収がアップしたタイミングで物件をさらに購入し、より多くの家賃収入を得ることが出来ています。

このように、年収が500万円であっても十分不動産投資をスタートすることができ、不動産投資家になることも夢ではありません。

まとめ

この実例からわかることは、「年収500万円で不動産投資なんてムリ!」と諦めないことです。

年収500万円の会社員や公務員の方でも不動産投資で成功している方はたくさんいます。実績を残している不動産投資会社に相談してみるとよいヒントをもらえるかもしれません。

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする
  • はてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP