不動産投資と株式投資どちらがおすすめ?それぞれの特徴やメリットとデメリットについて解説

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資と株式投資は、どちらもサラリーマンなど個人の資産運用の方法としておすすめ手法です。

これから資産運用を始めてみようと考える初心者の方が、いずれかの投資に取り組む前には、「どれを選べば良いのか?」「自分に合った投資は何?」と悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、不動産投資・株式投資それぞれの違いやメリット・デメリット、自分にあった資産運用の手法を選ぶ際のポイントなどについて解説します。

不動産投資とは?

不動産投資で得られる利益は、主に「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2つがあります。
不動産投資のインカムゲインとは、マンション経営などで得られる家賃収入のことになります。

一方、キャピタルゲインとは、運用している投資商品や保有している資産を、購入時よりも高値で売却できた場合に得られる売買差益のことです。
不動産投資のキャピタルゲインとは、購入した不動産を売却することで得られる利益のことを指します。

個人の不動産投資では、不動産の価格動向を予想することが困難なため、インカムゲインを得ることを目的とした運用が一般的です。
また、不動産投資には以下のような物件の種類があり、選ぶ物件によって収益性やリスクなどが異なります。

  • ワンルームマンション投資
  • 一棟投資
  • 戸建て投資

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

株式投資とは?

株式投資とは、企業が資金を得るために発行する株式を売買することで、値上がり益や配当金、株式優待などを得る投資方法です。
企業に出資した際(企業の株を買う際)に、「有価証券」が発行されます。これが株式です。

株式を発行した企業は、投資家から得られた資金で事業活動を行ない、そこから得られた収益の一部を投資家に還元する仕組みになっており、投資家は購入した株式に対して企業から貰える配当金などによって収益を得られます。株式投資で得られる収益には、株式を売却して得る「売買益」と、保有額に応じて定期的に支払われる「配当収入」があります。

不動産投資と株式投資の違いは?

ここでは、不動産投資と株式投資のいくつかの違いについて解説します。

リスクの違い

投資の種類は様々ありますが、中でも不動産投資はリスクもリターンも中程度でミドルリスク・ミドルリターンと言われています。

代表的なリスクとしては、入居者が入らず収益が止まってしまう「空室リスク」をはじめ、災害による修繕費がかかる「災害リスク」などです。
ただし、「空室リスク」は事前に対策することで未然に防げるケースもあります。

例えば、「空室リスク」は、賃付けに強い賃貸管理会社をパートナーに選ぶこと、災害リスクに対しては、損害保険に加入することによって一定の要件を満たした場合に保険金が支給されるようにするなどの方法があります。

一方で、株式投資は値動きが大きいため、リスクが高い反面、高いリターンが期待できます。
株式投資の代表的なリスクは「元本割れ」です。
元本割れとは、当初購入した元本(株式を購入するのに充てた金額)よりも株式の価格が下がり、元本を下回ってしまうことです。

株式投資では、配当金だけでなく、株式の値動きを見ながら売買を繰り返すことで収益を上げるのが一般的なため、売却時期によっては、企業の業績悪化などが原因で、大きな損失につながってしまうこともあります。また、その損失に対しては保証が効かないため、注意が必要です。

流動性の違い

投資における流動性とは、市場に出回る数の多さを表すものとなり、多くの数が出ていれば流動性は高いと表現されることになります。
簡単に言えば「売りたい時に、いつでも売れるかどうか」ということです。

不動産投資は株式投資に比べると資産の流動性が低く、売却に時間がかかる傾向にあります。
売却までに要する期間は物件にもよりますが、短くても2~4ヵ月程度、場合によってはもっと長い期間がかかることもあります。

一方で、株式投資は資産の流動性が高くなっています。
一般的には、株式市場が開いている時間であれば、いつでも売買が可能です。

取引方法の違い

不動産投資を始める際には、まず購入する物件を選び、売買契約をして、代金を支払い、物件の引き渡しを受けるという流れになります。購入時に融資を受ける際には、金融機関の審査を受ける必要もあります。
そして、入居者がいなければ収益を得ることができませんので、入居者の募集を行ったり、賃貸予定者と賃貸契約を結ぶ手続きなどもあります。

一方で、株式投資は、証券会社で口座を開設し、入金すればすぐに株式の購入ができます。
株式を購入し、株価が上昇した時点で売却すると利益が確定します。

また、配当金が支払われる場合や優待を受ける場合は、配当権利確定日や優待権利確定日に株式を保有していると権利を得ることが可能です。

利回りの違い

日本不動産研究所の『第 36 回 不動産投資家調査』によると、不動産投資の平均利回りは5%前後です。

一方で、日本取引所グループのサイトでは、株式投資の平均利回りを確認することができますが、2021年現在の株式投資の利回りは2%前後です。

ただし、不動産投資においては、地域や物件などによって利回りが異なっており、都内の物件であれば、利回りが10%以上になるケースなどもあったり、株式投資でも購入する銘柄によっては平均以上の利回りになるケースもあります。

利回りは投資家の経験や知識などでも大きく変動するため、平均値だけで判断するのではなく、専門家などの意見も聞き入れながら正しく認識することが大切です。

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資と、株式投資の違いがわかったところで、次は不動産投資を行う際のメリットとデメリットを解説します。

不動産投資のメリット

融資を受けられる

一定の条件を満たせば、ローンを利用することが可能で、わずかな自己資金でもレバレッジを利かせた投資を行うことができます。

安定的な収益が期待できる

賃貸経営を行う場合、空室を出さず入居者が入っていれば、毎月家賃収入を得ることができ、安定した収入を期待することができます。

経済変動の影響を受けにくい

首都圏などで入居者の付いている賃貸物件などは、価値がゼロになることは考えにくいため、比較的経済変動による影響を受けにくく資産価値を維持しやすいでしょう。

手間がほとんどかからない

物件の管理は賃貸管理会社に一任してしまえば、ほとんど手間がかかりません。
また、土地価格の急な下落は基本的に起きにくいため、株式投資のように値動きの動向をチェックする必要がありません。
本業の仕事が忙しい方には、購入後の手間がかからず魅力的と言えます。

生命保険代わりになる

不動産投資で融資を受ける際には、「団体信用生命保険」への加入が融資の必須条件に入っていることが多く、団体信用生命保険に加入をしている場合は、融資を受けた契約者が死亡または高度障害になった際に、保険金でローンを弁済する仕組みとなっています。
そのため、残った物件を生命保険の代わりに相続することができます。

不動産投資のデメリット

初期費用が高い

不動産投資の場合は、最初に不動産を購入する必要がありますので、最初の投資金額が大きくなります。ただし、一般的には、ローンを利用する方が多いと思いますので、実際に大きな費用がまとめて必要になるわけではありません。

損切りしにくい

前述の通り、不動産投資は流動性が低いという特徴があります。
株式投資では、自分が持っている銘柄の価値が下がると感じた段階で、すべて売却してしまい、被害を最小限に抑えることができますが、不動産投資ではそういったフレキシブルな動きは、難しいと考えておいたほうが良いでしょう。

短期間で大きな収益は難しい

不動産の価格は急上昇・急降下という短期間での大きな変動が基本的にないため、投資で一攫千金を狙いたいという場合には、向いていないと考えておいたほうがよいでしょう。

維持管理費がかかる

不動産投資では、安定して空室を出さない努力が必要ですので、継続的に管理会社へ払う管理費や、物件の傷んだ部分を補修する修繕費など、維持管理費用が発生します。
また、毎年課税される固定資産税や都市計画税なども視野に入れて運用を考える必要があります。

株式投資のメリット・デメリット

続いて、株式投資を行う際のメリットとデメリットも見ていきましょう。

株式投資のメリット

少額費用で始められる

株式は投資価格の幅が広く、安い銘柄だと数千円程度から売買できるため、気軽に少額から始めることが可能です。

分散投資しやすい

自分の資産の状況に合わせて安い銘柄を購入すれば、複数の銘柄への分散投資がしやすいというのも特徴のひとつです。
分散投資をしていれば、ある一つの銘柄の価値が下がり損をした場合にも、他の銘柄の価値が上がっていればリスクヘッジにもなります。

現金化しやすい

株式投資は流動性の高さが特徴です。
証券会社に口座を開設し、入金すればすぐに始めることができ、さらに買い手も売り手も多いため、不動産投資に比べ売買に時間もかかりません。
急に資金が必要になったときや、持っている株式の価値が下がりそうになった際にもすぐに現金化できます。

短期間で大きな利益を狙える

株式は不動産に比べ価格変動の幅が大きいため、1年間で購入価格の2倍や3倍になるなど、大きな利益を得られる場合もあります。

株式投資のデメリット

元本割れなどのリスクが高い

株式は不動産に比べ値動きが急に大きく変動することも多く、元本割れになるリスクが高いかもしれません。

投資先の企業が倒産することも

不動産は大きな災害等がない限りなくなることはありませんが、株式の場合は企業が倒産などの要因で、その価値が大きく下がってしまうこともあります。

融資を受けられない

株式には「信用取引」という方法があります。信用取引では、現金や株式を担保にして、所有している資金以上の株式取引を行なうことができますが、金融機関からの融資を受けることは出来ないため、不動産投資と比較してレバレッジ効果が小さいと言えます。

また信用取引をした銘柄に評価(含み)損が出た場合、委託保証金を追加で払わなければいけません。

手間がかかる

株式は1日の中で大きな価格変動を起こすことがあるため、値動きをこまめにチェックしておく必要があります。
そのため、サラリーマンなど他の仕事で忙しくされている方の場合は、仕事中に価格が乱高下して、損失が出ることも考えられます。

不動産投資と株式投資はそれぞれどんな人におすすめ?

ここでは、上記の内容を元に、不動産投資と株式投資が、それぞれどのような人に向いているかを解説します。

不動産投資はこんな人におすすめ

老後資金など長期的な視野で安定した運用がしたい人

マンション経営などの場合は、入居者がいれば毎月安定した家賃収入を得られるうえに、不動産の価値は比較的安定していて、物件という現物が残るため、価値が急にゼロになることはほとんどありません。
長期間運用できるため、老後の生活費のことも見据えて長期で安定した運用がしたい場合に適しています。

レバレッジを効かせた投資をしたい人

現時点で手元に資産がまだない人でも、銀行からの融資を受けることができれば、少ない自己資金で、購入資金のほとんどを借入できます。
手元の資産以上の規模で投資が可能になるため、レバレッジを効かせた投資を行うことも可能です。

仕事を別で持っているなど日々を忙しくしている人

不動産投資は日々市場動向をチェックする必要がなく、購入後の賃貸管理や建物管理を管理会社に委託すれば購入後の煩雑な手間を大幅に削減できる場合もあります。

株式投資はこんな人におすすめ

少額の資金からすぐに投資を始めたい人

前述の通り、株式投資は証券会社に口座を開設し入金するだけですぐに始めることが可能なため、お試しで資産運用を始めてみたいという方にもおすすめです。
また、株式投資はインターネット取引も可能ですので、面倒な手続きをせずに、パソコンやスマホで証券会社のサイトやアプリを利用して、手軽に取引をしたい人に向いています。

リスクをとって大きな収益をあげたい人

株式投資では、元本割れによって損をするリスクも視野に入れておく必要があります。
リスクの高い株式を購入して、100%収益を出し続けることはプロでも不可能に近いです。
マイナスにならないための事前の勉強や準備も必要ですが、ある程度の損をしても生活を圧迫することはなく、余剰資金に余裕がある人は株式投資に向いていると考えて良いでしょう。

換金性の高い資産に投資したい人

株式は流動性が高く、すぐに売買ができますので、スピーディーに取引を進めたい人にはおすすめです。

不動産投資・株式投資をどちらも並行して行うという選択肢も

ここまでは、不動産投資と株式投資を比較して解説してきましたが、それぞれにそれぞれの特徴や良さがあります。

投資を行っている方の中には、不動産投資と株式投資を並行している方も少なくありません。
例えば、不動産投資ローンで不動産投資をはじめ、余裕資金の一部を株式投資に充てながら、株式投資と不動産投資双方のメリットを得ることも可能です。

株式で元本割れを起こしても、不動産投資は月々の家賃収入が入ってきますので、不動産投資でプラスにすることができていれば、株式だけに投資した場合より損失リスクを抑制できるかもしれません。また、景気が良好なときには家賃収入と株式の値上がり益を両取りできる場合もあります。

ただし、どちらも最低限の勉強や事前準備、購入後の運用にかける労力が必要になりますので、両方を同時に進められるだけの生活の余裕があるかどうかも考慮して始めるようにしましょう。
資産運用はあくまで時間もお金も自身の余剰の範囲内でおこなうようにすることがポイントです。

まとめ

不動産投資と株式投資には、それぞれの特徴やメリット・デメリットがあります。
どちらの投資商品が資産運用として適しているかではなく、自分自身がどのような目的を持って資金運用を行っていきたいかによってやり方は変わってきます。
理想の将来像と、現在の自分の生活や経済状況なども考慮し、自分に合った選択をするようにしましょう。

もし、ご自身での選択に自信がない、悩んでいる場合には、それぞれの勉強を深めてみたり、セミナーなどに足を運んでみるのも良いでしょう。
不動産投資をご検討の方には、弊社の『0からはじめるウルトラマンション経営 スタートアップセミナー』もおすすめです。

資産形成の第一歩を踏み出したいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

「老後、お金が足りるか心配・・・」、「毎月の節税対策を何とかしたい・・・」、「投資を始めてみたいけれど、どうすればいいか分からない・・・」など、皆さんいろんな不安をお持ちです。
まずは、資産形成の第一歩を踏み出すためにセミナーに参加してみませんか?
エステムマガジンを運営する東京日商エステムの不動産投資セミナーは、オンラインでも開催中です。
PCもしくはスマートフォンのどちらかがあれば、どなたでも参加可能です。
投資初心者でもわかりやすく、基礎から不動産投資を学ぶことが出来るのが特徴です。

無料セミナーはこちら

オンラインセミナーは、セミナーテーマも充実!

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

■「マンション経営とは何?」を知ることができる!
 0から始めるマンション経営の仕組みとメリット

■リーマンショックやコロナショックなど経済危機と金融商品の関係性を学ぶ
 経済危機から資産を守る!金融商品徹底比較

■お客様の実体験から学べるから、わかりやすい!
 お客様の声から学ぶ!不動産投資成功の秘訣~失敗例編~

このほかにも様々なテーマがあるので、聞きたい内容に合わせてオンラインセミナーにご参加いただけます。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
※記事内の画像及びイラストはイメージです。
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP