会員限定資料ダウンロード

今さら聞けない、東京オリンピックと不動産投資の関係

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

2020年の東京オリンピックの開催を控え、東京の不動産市場は活況を呈していると言われています。

オリンピックの競技会場や選手村が建設される豊洲・晴海エリアでは、大規模マンションが数多く建設され、付近では人口増加に伴う学校の教室不足が社会問題化しているほどです。

しかし一方で、オリンピックが終わった後も、好調な不動産市場が継続していくのかを不安視する向きがあるのも確かなようです。

今回は、現代的な目線でオリンピックと不動産投資の関わりを考え、現在の不動産市場を今後の投資のチャンスに変えていくにはどうすればよいのかを考えていきます。

東京オリンピックが不動産投資に与える影響

東京オリンピックの開催決定以降、東京の不動産市場は国内のみならず、海外からも注目を浴びています。

オリンピックの開催自体が注目を集める要因になっているだけでなく、それに合わせたインフラの整備、新規物件の建設など、オリンピックの開催は不動産の価値を高める要素が多くあります。

実際に湾岸エリアでは、高層のタワーマンションが建設ラッシュを迎えています。それ以外にも、選手村として建設される施設は、オリンピック閉幕後に6,000戸規模で分譲に出される計画。

幹線道路や路線の整備などのインフラも充実し、投資家だけでなく都市部に住宅を購入したい若い世代にも人気を集めています。

投資家にとっては、オリンピックという大きなイベントに向かって、将来的な価格の値上がりを見込んで、早いうちに購入しておきたいという動機があります。

昨今の東京の不動産市場に活況をもたらしているのは、特に海外投資家が日本の不動産市場に参入してきているという背景が理由です。

日本の不動産は海外と比べて表面利回りが高く、物件や設備への信頼性も高いこと、治安がよいことなども海外投資家の人気を高める要因になっています。

東京オリンピック後の不動産市場はどうなる?

オリンピックを控えた不動産市場の活況に対し、「オリンピックの開催後には不動産価格が下落するのでは?」と考える向きもあります。実際のところ、不動産バブルの崩壊といった事態は起こるのでしょうか。

オリンピックの開催によって、日本の不動産が海外投資家の注目を集めているのは先に述べたとおりです。一方で現在の日本の好調な不動産市場を支えている背景には、「住宅ローンの超低金利」「相続税対策に不動産購入が効果的である」など、オリンピック以外の要因も大きいのです。

前回東京でオリンピックが開催された1964年では地価の上昇はあったものの、オリンピックの影響は小さかったという評価がなされています。

また2012年のロンドンオリンピックは、その開催に合わせて都市の再開発が行われるなど、現在の東京と似たような背景を持っていますが、こちらもオリンピックと不動産価格の関連は少ないという調査報告があります。

つまり、一見オリンピックの影響で好調に見える不動産市場ですが、そこだけに注目してしまうと、市場の好調をもたらしている原因を見誤ってしまう可能性があります。

不動産投資を考えるにあたっては、「オリンピックの開催イコール不動産市場の活況」という部分だけを見るのではなく、不動産にまつわるさまざまな状況や背景に目を向ける必要があると言えるでしょう。

東京オリンピックを不動産投資のチャンスにするには……

東京オリンピックと不動産投資

現在の東京の不動産市場が活況を呈しているのは、まぎれもない事実。これをチャンスにして、その先の展開を考えていくことがこれからの不動産投資に必要です。

これから不動産投資を始めようとしているのなら、今後継続して人を集めることができるエリアや物件がどういったものなのか、東京の再開発の現状や人口動態に目を向けてみるとよいでしょう。

すでに不動産投資を始めている方であれば、自分の持っている物件の入居率を高めるにはどうすればよいのかを考える必要があります。日本全体で人口が減少する時代が、そう遠くない将来に始まるでしょう。そういったなかで、選ばれる物件とは何かを考えるのです。

たとえば、東京ではアジアヘッドクォーター特区という制度が設けられ、アジアからの企業誘致を図っています。誘致目標は外国企業400社以上。オリンピックの開催によって、東京は外国人が訪れやすい都市になるので、そういった外国人からの需要に着目することもできます。

また人口が減少するとはいえ、高齢世代や単身世帯の減少は緩やかなので、今後のニーズの高まりが期待できます。

まとめ

【この記事のポイント】

  • オリンピックの開催は、不動産の価値を高める要素が多い
  • 現在の好調な不動産市場を支えている背景には、オリンピック以外の要因も大きい
  • オリンピック以外に、不動産にまつわるさまざまな状況や背景に目を向ける必要がある
  • すでに不動産投資をしているのなら、物件の入居率を高めるにはどうすればよいのかを考える

東京オリンピックと不動産投資の関係と、現在の不動産市場を今後の投資のチャンスに変えていくにはどうすればよいのかを説明しました。

社会状況をしっかり捉え、チャンスを見出す視点も投資家には必要です。

とはいえ、一人で考えるには判断材料が不足するので、不動産のプロに相談したりセミナーに参加したりして、情報を集めるとよいでしょう。

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP