アパート投資のメリットとデメリットをまとめました

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資にもさまざまな種類があります。一軒家、マンションの一室だけ、アパートなどいくつかありますが、それぞれに特徴があります。
この記事ではアパート投資のメリット、デメリットについて解説していきます。

アパート投資のメリット

アパート投資のメリットには以下のようなものがあります。

一棟で持った際、満室時の収益が高い

ワンルームマンション投資の様に1つの部屋を貸し出す場合、空室時の家賃収入は0になってしまいます。しかしアパートの場合は部屋が複数あるため、いくつかの部屋が空室であっても家賃収入が0になることはありません。

アパート投資のデメリット

一方、アパート投資のデメリットには以下のようなものがあります

好立地の物件が少ない

都心部の駅近の好立地にアパートが建っているのをあまり見ないと思います。主に、土地の価格がその理由です。
駅から近いと家賃が高くなるのと同じように、土地の金額も当然高くなります。その分、購入金額が高くなるので、比較的土地の安い郊外や地方で建てられることが多いです。
そのため、空室時のリスクは大きいです。たとえば、近くの大学や企業が移転した際には一気に空室率が高くなったり、家賃が下落してしまいます。

物件価格が高い

アパートの場合、区分マンションに比べて物件の購入価格が非常に高くなります。そのため、 区分マンションよりも銀行から融資を受けられる人が少なくなります。
また、購入時の価格が高いということから将来的に売却をする時の価格も区分マンションよりも高くなり、購入できる人の絶対数が少なく売りづらくなります。
そして、そもそもの物件の購入価格が高いことから、複数のエリアで物件を所有することが難しいというのもデメリットと言えます。

火災リスクが高い

不動産全般にいえますが、火災により建物そのものが消失するリスクが少なからずあります。
その際、鉄筋コンクリート造のマンションに比べ、鉄骨、木造建築のアパートは火事による被害が大きくなりやすく、全焼となった場合、すべてを失うことになります。

まとめ

アパート投資は満室時の利益率が高い上に、部屋数が多いので家賃収入が0になりにくく、多少のリスクは負ってでも利益を出したいという方には向いています。
ただし、何らかの外的要因で空室率が一気にあがった場合、収入が大きく減少するリスクはあります。このようなリスクを軽減するために、いくつかの区分マンションを経営するのも一つの手といえるでしょう。

【こちらの記事もチェック】

不動産投資をもっと知りたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

【オンラインセミナーも開催中!】

こちらは、エステムマガジンを運営する東京日商エステムによる不動産投資セミナーです。初心者でも分かり易く、基礎から不動産投資を学ぶことが出来るのが特徴です。

まずは不動産投資の話を聞いてみたい方、資産運用を検討している方、将来のために何かをすべきと考えている方などにオススメです。聞きたいテーマを選べるだけでなく、お住まいの地域・ご予定に合わせてセミナーのご参加方法もお選びいただけます。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP