• 不動産投資

【不動産投資】年収別「投資用マンションの所有数」大公開!

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする
  • はてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送る

昨今、投資という言葉が身近になり、多くの方が興味を持つ分野になっています。
中でも不動産投資においては、マイナス金利政策の後押しもあり、今では年収500万円以上の方なら男女問わず投資用マンションを所有するのは当たり前に近い状況になりつつあります。
投資用マンションの購入には、ほとんどの方がローンを使用し購入しますので、年収によって投資用マンションを所有できる数が違ってきます。
そこで、年収別の投資用マンションの所有数を大公開します。ぜひ参考にしてみてください。

年収500万円~690万円の方は“オーソドックスな2~3戸持ち”

年齢的に30代になると年収500万円~690万円を得ている人が増え、将来を考えた投資を始める方が多くなります。
ですが、これからが働き盛りで、実労働だけでも多く稼ぐことが可能な20代中盤の方でも将来の対策として投資用マンションを持たれる方も少なくありません。
固定給の割合が少なくインセンティブなどで支払われるような給与体系や、業績にムラがあるというようなことが少なく、比較的ローンが通りやすい方々は、高額な頭金を入れずに目一杯ローンを使う、もしくは貯金のある方であれば頭金を多めにして月々の返済額を調整しながら、ワンルームマンションを2~3戸持つという方がほとんどです。

なぜワンルームマンションを3戸持つの?

ただ単にワンルームマンションを3戸持っているわけではありません。
この3戸それぞれに目的と意味があります。

・1つめのワンルームは、「生命保険」として所有

・2つめのワンルームは、「タンス預金」として所有

・3つめのワンルームは、「老後の年金収入」として所有

複数戸の投資用マンションを持つことで、様々なメリットがあります。
1戸のワンルームで6万円の家賃収入があり、それを3戸持つと「6万円×3戸=18万円」となります。
ご自身のライフスタイルに合わせてですが、所有できる物件が多ければ多いほど働いて稼ぐ給与とは別で家賃収入として入ってきますので生活の助けになります。

他にも、所有している投資用マンションの1戸が空室になり家賃収入がなくなったとしても他に所有する物件で穴埋めが出来ることや、良い物件であれば、購入時よりも高い金額で売却できる可能性もあります。
また、ローン完済後は所有している物件の数だけ家賃収入が得られるようになります。
ほとんどの住宅ローンの支払いを第3者から入ってくる家賃で支払えますので、現状の生活をほぼ変えることなく不動産投資を始められます。

そして投資以外にも、投資用マンション購入時に組むローンと一緒に団体信用生命保険に加入することもメリットです。
団体信用生命保険はご自身に万が一のことがあったときのローン返済がなくなるだけでなく、生命保険代わりとしても利用できるものになります。掛け捨てで保険料を払っているそのお金で投資用マンションを購入することで、生命保険にも加入でき、実物資産としてワンルームマンションを手元に残すことが可能となります。

これからの時代、定年退職後の生活は、自分の力で支えなくてはいけません。ひと昔前のように年金だけで暮らしていくのは難しいため、年金以外の収入源を作っておく必要があります。不動産投資は、現役で働いていたころにローンを完済し、老後には無借金の投資用マンションが残ります。人に貸し続けることにより、安定して家賃収入を得ていくことができるため年金代わりになり将来の自分を助けてくれます。

今の時代、銀行にお金を預けたとしても利息はたったの0.001%しかありません。
例えば2000万円を銀行に預けた場合、1年で得られる利息は税金が引かれて159円になりますが、同じ2000万円を使って、マンションを購入し、そのマンションの家賃が9万円だったとします。毎月9万円の家賃収入を得ることができますので、年間にして108万円となり、銀行に預けるよりも約6,792倍も得をすることになります。

前述したように複数戸の投資用マンションを所有している場合には、所有している戸数と比例して家賃収入を得られるようになりますので、投資用マンションを1戸でも多く持てば持つほど老後に年金代わりの収入を得ることが可能になります。

年収700万円~年収900万円の方は3~4戸所有している

年収700万円以上になると、高所得者の部類に入ってきます。
年収の高い層の方たちは、資金力が圧倒的に強くなりますので、投資用マンションを追加で購入し、多くの投資用マンションを所有する傾向にあります。
また、フルローンで35年組むのではなく、可能な限り頭金を入れてローンの早期完済、中には現金一括とローンを組み合わせて購入するなど、家賃収入が丸々収入となるように計画を立てて購入する人も多くいます。

マンションを所有することで、自分自身の”ステータス”になる

多くのマンションを所有することができるということは、それだけの経済力があるという証明にもなります。

男性の場合、それだけ経済力があれば将来の心配はないだろうと女性からも評価され、ライフプランが豊かになっていく事も少なくありません。
女性の場合、結婚をして家庭に入るのが当たり前の時代は終わり、今は女性も男性と同じように社会的地位を確立し、自分の力で生きていく方も増えています。
また、社会的地位が確立しているからこそ、パートナーに頼るのではなく、自分が家庭を支えられるように考えて資産運用をしている方が多いため、安定した収入を得ることができる投資用マンションを所有していることで、将来をしっかりと考えられている女性と見られるでしょう。

不動産の所有は誰でもできるというものではなく、社会的地位や、職業、年齢など様々な要因をクリアしなくてはいけません。
そういった点では、マンションを所有していることそのものが自分自身の“ステータス”になると言えるでしょう。

年収1000万円以上の方は5戸以上、もしくはアパート一棟持ちをする

日本の人口において年収1000万円以上の方は約5%ほどの方たちです。

年収が1000万円を超えると、銀行から受けられるローン額が大きく変わります。人によっては億単位の金額でも融資可能となります。
そのためワンルームマンションであれば5戸以上、中にはアパートを丸ごと一棟購入するという方もいます。

ですが、アパートを丸ごと一棟所有すると、管理組合が存在しないため、清掃や日常業務を管理会社へ委託したとしても、重要事項に関しては自分で判断をする必要があります。
いわば購入したアパート全体を自身が経営している状態のため、仕事をしながら片手間でできる投資ではなくなります。

年収1000万円クラスになると、業務内容が国内にとどまらず海外での仕事をするような方も多くなり、投資のために時間を割くことを好まない人もいます。
そのため、できる限り手間を取られずに運用できるものを持ちたいという方も少なくありません。

年収1000万円以上の方は、ワンルームマンションへの投資をし、所有するマンション数を多くするという方法を使われます。

ご自身のライフスタイルに合わせた不動産投資をしましょう

このように年収によっても投資用マンションの持ち方は様々です。

生活を圧迫するようなマンションの持ち方をしては投資として成り立ちませんので、ご自身の年収に合わせて投資用マンションを所有すること、そして投資用マンションは1戸だけ所有するのではなく複数戸所有することで、ご自身の保険代わりにもなり、うまく不動産投資を運用することができます。
また、売却という選択肢もありますので、タイミングが合えばまとまった現金にすることも可能です。

まずはご自身のライフスタイルと、ご年収に合わせた運用プランを考えることが重要となります。自分で考えるよりもプロに診断をしてもらうことでより良い運用プランを見つけることができますので、ぜひ一度ご相談ください。

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする
  • はてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP