住宅ローンと不動産投資ローン、併用することってできるの?

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資でローンを組もうとしているとき、そもそも自分が今住んでいる家のローン(住宅ローン)を組んでいるというケースもあると思います。

そのときに「2つのローンは併用できるのか」「併用できるとしたら、注意点は何だろうか」と疑問に思う人も多いはず。

そこで今回は、不動産投資ローンと住宅ローン(マイホームローン)の併用についてお話します。

不動産投資ローンと住宅ローンの違い

不動産投資ローンと住宅ローン(マイホームローン)の違いを平たく言うと、対象物件が「投資用不動産」「居住用不動産」かという点です。

融資を受ける不動産が投資用であれば投資用ローン、居住用であれば住宅ローンになります。

不動産投資ローン 対象物件が投資用不動産
住宅ローン 対象物件が居住用不動産

ただし、居住用だとしても、主の居住用物件をすでに所有しており、「別宅」として利用する不動産の融資については、「セカンドハウスローン」などの扱いになります。

セカンドハウスローン:二軒目以降の住宅を購入するために借りるローン

また、金融機関によっては「セカンドハウスローン」ではなく、「不動産投資ローン」と位置付ける場合もあるので、その点は認識しておきましょう。

不動産投資ローンと住宅ローン、併用する際の注意点

住宅ローンと投資用ローンは、併用することが可能です。ただし、そのときには「審査」「金利」に注意する必要があります。

審査について

不動産投資ローンは住宅ローンと比べて審査が厳しくなりますが、住宅ローンを組んでいる場合には、さらに審査は厳しくなります。

金利について

投資用ローンの月々返済を、住宅ローンと同じように考えてはいけません。

たとえば、住宅ローンを「借入金額3,000万円 借入期間30年 金利0.5%」で組んだとします。そのときの月々の返済額は89,757円(※1)になります。

一方、同じ条件で金利だけ異なる(1.35%)不動産投資ローンの場合は、月々101,391円(※2)と、住宅ローンと比較すると、1.1万円ほど月々の返済額が異なります。

※1・2とも元利金等返済、ボーナスによる返済なしで算出

この金利による返済額の差は、よく理解しておきましょう。

まとめ

【この記事のポイント】

  • 不動産投資ローンと住宅ローンの違いは、対象物件が「投資用不動産」か「居住用不動産」かという点
  • 住宅ローンと投資用ローンは、併用することが可能
  • 住宅ローンと投資用ローンの併用では、「審査」と「金利」に注意

このように、住宅ローンと不動産投資ローンを併用することは可能ですが、審査と金利には注意しなければいけません。

事前に不動産会社や金融機関に相談して、審査の土台に乗るかどうかを確認しておきましょう。

資産形成の第一歩を踏み出したいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

「老後、お金が足りるか心配・・・」、「毎月の節税対策を何とかしたい・・・」、「投資を始めてみたいけれど、どうすればいいか分からない・・・」など、皆さんいろんな不安をお持ちです。
まずは、資産形成の第一歩を踏み出すためにセミナーに参加してみませんか?
エステムマガジンを運営する東京日商エステムの不動産投資セミナーは、オンラインでも開催中です。
PCもしくはスマートフォンのどちらかがあれば、どなたでも参加可能です。
投資初心者でもわかりやすく、基礎から不動産投資を学ぶことが出来るのが特徴です。

無料セミナーはこちら

オンラインセミナーは、セミナーテーマも充実!

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

■「マンション経営とは何?」を知ることができる!
 0から始めるマンション経営の仕組みとメリット

■リーマンショックやコロナショックなど経済危機と金融商品の関係性を学ぶ
 経済危機から資産を守る!金融商品徹底比較

■お客様の実体験から学べるから、わかりやすい!
 お客様の声から学ぶ!不動産投資成功の秘訣~失敗例編~

このほかにも様々なテーマがあるので、聞きたい内容に合わせてオンラインセミナーにご参加いただけます。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
※記事内の画像及びイラストはイメージです。
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP