会員限定資料ダウンロード

住宅ローンと不動産投資ローン、併用することってできるの?

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資でローンを組もうとしているとき、そもそも自分が今住んでいる家のローン(住宅ローン)を組んでいるというケースもあると思います。

そのときに「2つのローンは併用できるのか」「併用できるとしたら、注意点は何だろうか」と疑問に思う人も多いはず。

そこで今回は、不動産投資ローンと住宅ローン(マイホームローン)の併用についてお話します。

不動産投資ローンと住宅ローンの違い

不動産投資ローンと住宅ローン(マイホームローン)の違いを平たく言うと、対象物件が「投資用不動産」「居住用不動産」かという点です。

融資を受ける不動産が投資用であれば投資用ローン、居住用であれば住宅ローンになります。

不動産投資ローン 対象物件が投資用不動産
住宅ローン 対象物件が居住用不動産

ただし、居住用だとしても、主の居住用物件をすでに所有しており、「別宅」として利用する不動産の融資については、「セカンドハウスローン」などの扱いになります。

セカンドハウスローン:二軒目以降の住宅を購入するために借りるローン

また、金融機関によっては「セカンドハウスローン」ではなく、「不動産投資ローン」と位置付ける場合もあるので、その点は認識しておきましょう。

不動産投資ローンと住宅ローン、併用する際の注意点

住宅ローンと投資用ローンは、併用することが可能です。ただし、そのときには「審査」「金利」に注意する必要があります。

審査について

不動産投資ローンは住宅ローンと比べて審査が厳しくなりますが、住宅ローンを組んでいる場合には、さらに審査は厳しくなります。

金利について

投資用ローンの月々返済を、住宅ローンと同じように考えてはいけません。

たとえば、住宅ローンを「借入金額3,000万円 借入期間30年 金利0.5%」で組んだとします。そのときの月々の返済額は89,757円(※1)になります。

一方、同じ条件で金利だけ異なる(1.35%)不動産投資ローンの場合は、月々101,391円(※2)と、住宅ローンと比較すると、1.1万円ほど月々の返済額が異なります。

※1・2とも元利金等返済、ボーナスによる返済なしで算出

この金利による返済額の差は、よく理解しておきましょう。

まとめ

【この記事のポイント】

  • 不動産投資ローンと住宅ローンの違いは、対象物件が「投資用不動産」か「居住用不動産」かという点
  • 住宅ローンと投資用ローンは、併用することが可能
  • 住宅ローンと投資用ローンの併用では、「審査」と「金利」に注意

このように、住宅ローンと不動産投資ローンを併用することは可能ですが、審査と金利には注意しなければいけません。

事前に不動産会社や金融機関に相談して、審査の土台に乗るかどうかを確認しておきましょう。

不動産投資のプロから話を聞きたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

不動産投資は、リスクの少ない確かな投資商品です。ですが、リスクがないわけではありません。当セミナーでお伝えすることはいかにリスクを抑えるか。
不動産投資についてわからないことや不安がある方は、まずは当セミナーへ参加してみてください。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP