会員限定資料ダウンロード

不動産購入の融資は、どの金融機関に頼めばいい?

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産を購入するときに、キャッシュで全額を一括支払いできる方はほとんどいないでしょう。物件の購入費用は、金融機関から借り入れることになるかと思います。金融機関と言っても、地元の信用金庫から全国に支店をもつメガバンク、政府系の金融機関までさまざまです。

このコラムで各金融機関の特徴や、融資に必要な「信用力」についてお知らせします。

金融機関ごとに融資の条件が異なる

ひとことで“金融機関”と言っても、以下の種類があります。

政府系金融機関、都市銀行、地方銀行、地元の信用金庫、ノンバンク

融資を受ける際には、それぞれの金融機関ごとに条件が異なります。融資を受けやすい金融機関と、融資を受けるのに厳しい審査が必要な金融機関があります。
地元の信用金庫は少額の案件からでも比較的融資が受けやすい代わりに、その地域の物件以外だと融資が難しくなることもあります。

都市銀行は、全国に支店網があるので他エリアでの投資でも融資してもらえますが、融資のハードルは高くなります。個人向け融資を行う政府系金融機関では、金利が低くい反面、頭金が必要で融資期間も短くなります。

融資の可否は「信用力」に左右される

Dollarphotoclub_61417075銀行から融資を受けられるかどうかは、オーナーや物件の「信用力」にも左右されます。自宅購入向けの住宅ローンだと、借り主の勤務先や勤続年数、年収、家族構成といった「個人属性」が重要ですが、投資家向けのマンションローンだと、物件の収益性や事業規模、返済計画などが重視されます。

また、区分所有のマンションよりも1棟マンションの方が、担保としての価値が高いので、融資が受けやすい傾向があります。その反面として、1棟マンションは購入金額が区分所有のマンションよりも高くなり借入額も増えるので、年収の高い人でないとローンが通りにくくなります。

融資は仲介業者を通じて申し込む

一般的に不動産のローンは、不動産の購入者が銀行の窓口で直接申し込むのではなく、不動産を仲介する業者を通じて申し込むことがほとんどです。
そのため、仲介する業者によっても、つきあいのある金融機関が異なることがあります。仲介する業者にはあらかじめ金融機関の種類などを確認しておくことをおすすめします。

まとめ

不動産投資の経験を積み重ねていくと、融資されやすい金融機関や支店や担当者の情報まで把握できるようになります。そうなれば、立派な不動産投資家と言えるでしょう。不動産投資家の第一歩として、あらゆる金融機関の特徴や利子などを押さえておくことをおすすめします。

不動産投資のプロから話を聞きたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

不動産投資は、リスクの少ない確かな投資商品です。ですが、リスクがないわけではありません。当セミナーでお伝えすることはいかにリスクを抑えるか。
不動産投資についてわからないことや不安がある方は、まずは当セミナーへ参加してみてください。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP