会員限定資料ダウンロード

現金払いとローン払いを徹底比較!

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資をするときには、物件を現金で購入するか、ローン払いで購入するかのニ択があります。この2つの支払い方法には大きな違いがあるので、どちらにするか迷っている方は必ず「違い」を知っておくべきです。
そこで今回は、現金払いとローン払いを徹底的に比較します。

現金払いのメリット

まず、現金払いのメリットは「総支払い額が安く済む」という点です。
「金利」がないので、5,000万円の物件であればその物件に支払う金額は5,000万円を超えることはありません。

現金払いのデメリット

一方、現金払いのデメリットは「手持ちの資金でやりくりをする」という点と「レバレッジをかけられない」という点でしょう。
現金払いということは、すべてキャッシュで支払うので資金を用意する点でハードルは上がります。また、手持ちの資金は当然減りますので、現金が必要になったときに対処できないというデメリットがあります。

次に、現金払いだとレバレッジをかけることができません。
レバレッジ(=テコ)とは、少ない自己資金でも購入物件を担保にして融資を受けることで大きな金額を動かすことが可能になることをいいます。 つまり、自己資金が5,000万円であれば、5,000万円以上の投資はできないということです。

ローン払いのメリット

ローン払いのメリット・デメリットは、前項の現金払いのメリット・デメリットの逆です。
メリットは、「手持ち資金を残しておける」という点と、「レバレッジをかけることができる」という点です。
手持ち資金を残しておけば、不測の事態にも対応できますし、もしかしたらその手持ち資金で新たな投資物件を購入できるかもしれません。また、レバレッジをかけられるという点も大きなメリットです。
レバレッジをかければ、5,000万円の手持ち資金で1億円の物件を購入することも可能性です。利回り・家賃収入が同じであれば、5,000万円の物件よりも1億円の物件の方が「家賃収入」が倍になるのです。

その他のメリットとしては「団体信用生命保険」が付くことがあげられます。団体信用生命保険(通称「団信」)はローン返済の途中に死亡・高度障害になってしまった場合、本人に代わって生命保険会社がローン残高を支払ってくれる仕組みです。

【こちらの記事もチェック】

ローン払いのデメリット

一方、デメリットは総支払額が上がるという点です。
たとえば、ある銀行から「借入金額5,000万円 金利2.7% 返済期間20年」という条件で融資を受けたとします。このローンを計算すると、総返済額は64,763,858円になるのです。
つまり、約1,500万円分の「利息」を支払っているということになります。ローン払いの最大のデメリットはこの「利息」にあります。ただ不動産投資の場合、得られる家賃収入で支払っていたり、利息も経費として計上できるので、利息の全てを負担しているわけではありません。

まとめ

このように、現金払いとローン払いには明確なメリット・デメリットがあります。
特に現金払いのメリットである「総返済額の少なさ」、ローン払いのメリットである「レバレッジをかけられる」という点は、それぞれ大きなメリットです。この2つを天秤にかけて、どちらを選ぶかは検討しましょう。

不動産投資のプロから話を聞きたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

不動産投資は、リスクの少ない確かな投資商品です。ですが、リスクがないわけではありません。当セミナーでお伝えすることはいかにリスクを抑えるか。
不動産投資についてわからないことや不安がある方は、まずは当セミナーへ参加してみてください。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP