会員限定資料ダウンロード

【サラリーマンの不動産投資】管理会社って、一体何をしてくれるの?

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

本業のかたわら、副業として不動産投資をする「サラリーマン大家さん」の場合、物件の管理まで手がまわらないことが多々あるでしょう。そんな時に心強い味方になってくれるのが、管理会社の存在です。

しかし、物件の管理会社がどのようなことを行っているのか、知らない人も多いのでは?

そこで今回は、物件の管理会社の業務内容を見ていきましょう。

不動産投資物件を管理する「賃貸管理」は2種類

入居者の募集から家賃の回収、物件の清掃まで行うことを「賃貸管理」と言います。

この賃貸管理に含まれる業務には、大きく分けて「入居者管理」「建物管理」の2種類があります。物件の管理会社では、これらの業務を行います。

1.入居者管理

入居者管理は、主に入居者に関わる管理業務です。オーナーから委託を受けて管理している賃貸物件に空き室が出れば入居者を募集し、入居者が信用に足る人かどうかの審査も行います。

入居が決まった場合の契約事務や家賃の回収、オーナーへの送金なども業務に含まれます。家賃を滞納している入居者がいれば、督促やトラブルの対応もしてくれます。

入居者の退去時には、敷金の清算や退去の立ち会いなども行います。

2.建物管理

建物管理は、物件の建物に関わる管理業務です。故障や修繕の手配や設備交換、共用部分の清掃などを行います。

日頃のメンテナンスは空室リスクを防ぎ、入居率を高めるためにも重要です。

忙しいサラリーマンの不動産投資は、管理会社の有効活用を

前述のように、管理会社はオーナーに代わって保有物件の管理を行っています。入居者管理・建物管理ともに、管理会社に任せなくてはいけないという決まりはありません。

常日頃から自分の所有する物件を見回り、修繕やリノベーションなどを自ら行っているオーナーさんもいます。管理会社に任せず自分で管理することで、管理会社に支払う報酬を節約しているのです。

しかし、本業を持っているサラリーマンにとっては、すべてを自分で管理するというのはハードルが高いでしょう。

入退室に伴う煩雑な手続きや物件のメンテナンスを管理会社に依頼すれば、毎月の管理状況の報告を受けるだけで、不動産投資の大部分を任せきりにすることができます。

管理会社を選ぶなら、入居者管理と建物管理を行ってくれるところを

管理会社には入居者管理業務と建物管理業務を行っているところと、入居者管理業務のみを行っているところがあります。

後者の場合、建物管理業務を別会社に依頼しなくてはなりません。

一貫して任せられる安心感と、引き継ぎなどがスムーズである点で前者のほうがメリットは大きいため、管理会社選びの時にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

特に独自のネットワークを持ち、入居者を迅速に見つけてくれる管理会社が望ましいと言えます。

まとめ

【この記事のポイント】

  • 賃貸管理に含まれる業務には、「入居者管理」と「建物管理」の2種類がある
  • サラリーマンが不動産投資をする場合、すべてを自分で管理するのはハードルが高いため、管理会社を有効に活用する
  • 管理会社は、入居者管理と建物管理を行ってくれるところを選ぶ

一般的に管理会社に賃貸管理を任せた場合、家賃収入の5~10%程度の手数料がかかると考えましょう。

賃貸管理を管理会社に任せると費用はかかるものの、手間と時間を省くことができるため、多忙なサラリーマンの不動産投資家にはおすすめです。

目先のお金の節約だけを考えてしまうと、本業も副業もおろそかになってしまうかもしれません。安定的な運用を見据えた、不動産投資のプランを検討していきましょう。

不動産投資のプロから話を聞きたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

不動産投資は、リスクの少ない確かな投資商品です。ですが、リスクがないわけではありません。当セミナーでお伝えすることはいかにリスクを抑えるか。
不動産投資についてわからないことや不安がある方は、まずは当セミナーへ参加してみてください。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP