会員限定資料ダウンロード

賃貸管理アウトソーシング 家賃滞納は保証会社で回避しよう

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資をしていて大変な事といえば、「家賃の滞納」が挙げられます。家賃は不動産投資の「収益」につながる大事なお金なので、毎月きっちり回収しないと不動産投資をしている意味がなくなってしまうのです。
今回は、そのような家賃滞納時に利用できる「家賃保証会社」について詳しく解説します。

不動産投資における家賃滞納リスクについて

26-1_

不動産投資で家賃を滞納されてしまうと、その期間の家賃収益は0円になってしまいます。
しかも、その不動産には「ローンの支払い」や「修繕積立金」、「管理費」などの支出があるため、家賃滞納期間中は赤字になってしまうということです。
賃貸借契約を結ぶときには、親や兄弟などを「保証人」として立てる場合もあります。その場合には、賃借人が家賃を滞納して連絡が付かなければ、保証人に家賃を請求します。しかし、結局保証人とも連絡がつかなかったり、保証人とトラブルになったりするリスクがあるのも事実です。比較的大手の不動産会社であれば、ほぼ必ず保証人を立てていますから、そもそも保証人を立てていないところの物件や止めておいた方がよいでしょう。
そのため、家賃が滞納されてしまうと収益が0円になるというリスク以外に、家賃回収の手間と労力がかかるという点も大きなリスクになります。滞納保証をしている賃貸管理会社が望ましいと言えるでしょう。

家賃保証会社とは…?

2375125347

家賃保証会社とは、簡単にいうと「保証人の代わりをしてくれる会社」のことです。
つまり、賃貸借契約期間中に賃借人が家賃を滞納したら、賃借人に変わり家賃保証会社が代位弁済を賃貸人に行うという仕組みになっています。
このように家賃保証会社を利用すると、「家賃が滞納されたときのリスクヘッジ」という点だけでなく、「滞納家賃分の回収」という手間もなくなるのです。なぜなら、オーナーとしては、家賃は家賃保証会社から支払われているので回収する必要がないからです。
そのため、滞納している賃借人への家賃請求は、基本的には家賃保証会社が行うというワケです。

まとめ

このように、家賃滞納には家賃保証会社を利用すると大きなリスクヘッジになります。今の賃貸物件は「保証人はNGで家賃保証会社しか認めない」としている物件もあるほどです。まだ家賃保証会社を利用したことのないオーナーは、一度検討してみると良いかもしれません。その上でメリットが勝れば、継続して利用するという流れがベストです。

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP