会員限定資料ダウンロード

信頼できる管理会社を見極めるコツ

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

所有物件を賃貸する場合、自分自身で建物の修繕・リフォームから入居者の募集まで手がけているオーナーもいますが、多くの場合は賃貸管理会社に賃貸管理業務を委託します。

賃貸管理会社は、ローンを借り入れてまで購入した大切な物件を守ってくれるパートナーです。このコラムでは、信頼できる管理会社を見極めるコツをお伝えしましょう。

平均入居率はどれくらいか

不動産投資の場合、基本的な収入源は毎月入居者から支払われる家賃です。
つまり入居者がいなければ収入が得られないわけですから、きちんと入居者を管理し、空室が出た際は短期間で新しい入居者を見つけられる管理会社が望ましいと言えます。

そこで管理会社を判断する時の大切な指標の一つが、平均入居率です。
「優秀な管理会社=客付け力がある」と言っても過言ではありません。およそ目安となる平均入居率は95%とし、それを下回る管理会社は再検討することをおすすめします。

入居者を集めるネットワークを持っているか

前述の通り、入居者を集められるかどうかが管理会社の腕の見せどころです。
最近では多くの場合、インターネットの不動産仲介サイトに広告を出して入居者を集める方法が主流です。こうした広告宣伝にどれくらい力を入れているのかどうかも、重要なチェックポイントです。

入居者を集めるための広告宣伝には、当然ながらお金がかかります。
特に閲覧数の多い大手仲介サイトに掲載するとなると、それなりの広告料金がかかります。そのようなサイトに多数広告を出している管理会社は広告宣伝に力を入れていると考えてよいでしょう。

また掲載されている物件の写真にも注目です。見栄えがよい写真を掲載しているほど、入居希望者が集まりやすくなるのは当然です。
物件のイメージをきちんと伝えることができる写真を掲載している管理会社は、入居者を集める力があると言えます。

入居者に対して丁寧な対応をしてくれるか

入居者はいわば「お客さん」ですので、入居者に対して懇切丁寧に対応してくれる管理会社を選びましょう。
大きなトラブルはそうたくさん発生するものではありませんが、些細なことから取返しのつかない事態に発展する可能性もゼロではありません。

万が一トラブルが起きた時に管理会社がきちんと対応しないと、最終的にオーナーが出ていって入居者に謝罪をしなくてはならない……なんてこともありえます。オーナーと入居者のあいだをつなぐ窓口として、誠実な対応をしてくれる管理会社を選ぶべきです。

まとめ

管理会社に賃貸管理を委託すると、家賃収入の5~15%程度が手数料になるため、もったいないように感じるかもしれません。
しかし信頼できる管理会社は、不動産経営の強い味方になってくれるので安心です。

本業のあるサラリーマンの方は特に多忙ですから、信頼できるパートナーとして管理会社を最大限活用しましょう。

不動産投資のプロから話を聞きたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

不動産投資は、リスクの少ない確かな投資商品です。ですが、リスクがないわけではありません。当セミナーでお伝えすることはいかにリスクを抑えるか。
不動産投資についてわからないことや不安がある方は、まずは当セミナーへ参加してみてください。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP