会員限定資料ダウンロード

賃貸管理の業務フローをまとめました

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

賃貸管理を不動産会社に委託しないとオーナーの手間が非常に多くかかってしまうため、不動産投資を行っているオーナーは賃貸管理を不動産会社に委託する場合が多いです。
しかし、賃貸管理の業務フローに関して理解していないオーナーも多いため、今回はその点について詳しく解説します。

入居者管理の流れ

22-2_

まずは、賃貸管理の中でも、「入居者管理」に関する業務フローを解説します。
入居者管理に関する業務フローは以下の流れになります。

・賃料設定
賃料設定をするときには、不動産会社が周辺賃貸マンションや不動産市況などの最新マーケット情報の分析を行います。その情報を加味した上で、オーナーの意見を取り入れつつ賃料を設定します。

・入居者募集
賃貸管理をしている不動産会社が広告活動を通じて入居者を募集します。広告活動は、自社のホームページへの掲載や不動産ポータルサイトへの掲載、店舗での案内など、不動産会社によって異なります。

・審査
入居希望者が現れたら、入居を許可して良いかの審査を行います。この審査は、保証人の代わりをする「保証会社」と不動産会社の両社で行うケースが多いです。

・契約
賃貸管理を依頼している不動産会社が、入居者へ重要事項説明を行います。その上で賃貸借契約者を取り交わし契約締結となります。

建物管理の流れ

22-3_

続いて、賃貸管理の中でも「建物管理」の業務フローを解説します。

・入出金管理
不動産会社が、オーナーに代わって入出金の管理を行います。特に、マンションやアパートを1棟所有しているなど、複数の不動産を所有しているオーナーは、不動産会社に入手金の管理を委託しないと作業が大変になります。

・問い合わせ対応
入居者からの苦情や質問なども、賃貸管理をしている不動産会社が対応します。不動産会社によって受付時間や受付方法などが違いますが、最近では24時間電話受付できる不動産会社も多いです。

・更新、賃料改定
更新の際に、更新するとしても退去するとしても、もろもろの手続きは賃貸管理をしている不動産会社が代行します。また、築年数や周辺環境による賃料改定の提案も不動産会社が行います。

・解約、原状回復
入居者の解約手続きや、入居者の退去に伴う原状回復工事も、賃貸管理を委託している不動産会社が行います。また、入居者と行う「退去時に行う室内確認」なども不動産会社が行ってくれる場合が多いです。

まとめ

上述した業務フローが、賃貸管理を不動産会社に委託したときの基本的な流れになります。不動産投資を考えているオーナーは上記フローを頭にいれておき、自分で行うところと委託するところのイメージを付けておきましょう。

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP