ウィズコロナ時代で注目を集める実物資産投資。資産運用のために始めるべきは金?不動産投資?

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

全世界で猛威を振るい、人々に生活様式の変化を強制的に促すことになった、新型コロナウイルス。収束する様子がなかなか見えず、新型コロナウイルスとの共存・共生を求められることになりました。

そんな時代だからこそ、将来を考え投資・資産運用を行い、資産を守り、増やしていく必要があり、今多くの方が投資を始めております。

コロナの影響で株価の暴落がニュースにも取り上げられる昨今、現金や株式などの金融資産よりも実物資産に注目が集まっています。

実物資産の中でも、特に注目を集める「金(貴金属)」「不動産投資」のそれぞれの魅力を見ながら、資産運用のためにどちらを今始めるべきなのか考えていきます。

金融資産と実物資産の違いとは?

まずは、金融資産と実物資産の違いから見ていきましょう。

金融資産

具体的に言うと、現金、預金、株式、債券、投資信託、生命保険、商品券や小切手などを指します。
少し古い表現となりますが、タンス預金も金融資産の一つとなります。先進国の中でも預貯金率が高い日本では、預金を中心とした金融資産を保有している方が多くいます。

実物資産

実物資産(現物資産)は、端的に言うと文字通り実物(物がある、形がある)があり、それ自体に価値がある資産を指します。具体例として、建物、土地、貴金属などを指します。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日経平均株価は2020年1月から、約2ヶ月もの短期間で3割の株価暴落を記録しました。このような一部の金融資産と比べ、実物資産は元本の減るリスクが少なく、安全資産として投資・保有されることがあります。

実物資産投資にはどんな種類がある?

実物資産も、金融資産のように様々な種類があります。

貴金属(金、プラチナ、銀)

貴金属への投資の中でも一番ポピュラーな投資は「金」です。
金の投資は損をしにくいイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、株や為替、債券と同じく、価格が変動するリスク資産に当たります。実際、金は10年前と比べ約1.43倍価格が上がっています。逆に、「プラチナ」は10年前の約0.71倍となり、価格が下がってしまっています。(海外ドル建価格)

参考:https://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/y-gold.php
参考:https://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/y-platinum.php

金といえば、大富豪が金庫にインゴッド(延べ棒)を隠し持っているようなシーンを映画、ドラマで目にしたことがあるかと思いますが、サラリーマンや一般の方でも始めやすいよう、今は純金積立も主流になっております。毎月積立費用を支払っていく・別途費用が貯まればスポットで購入するなど、好きな買い方を選ぶことが出来ます。

純金積立の場合、年会費や購入手数料などはかかるものの、手軽に出来る投資の一つとして人気です。また、金だけでなく今はプラチナも注目を集めています。

元々金よりも希少性の高い貴金属で、金よりも価格が高かったのですが、現在は価格が下がっており、今後の相場反転を狙い今のうちに始めるのも手段の一つです。

 

不動産投資

土地や建物を購入し、売却益とそこから出る継続収入を得るのが不動産投資です。

一番分かり易い例としては、マンションの一部屋を、賃貸として人に貸し出し、安定した家賃収入を得るワンルームマンションの不動産投資です。

継続した収入を目的とし、未来の個人年金代わりとして始める例や、有事の際に売却しまとまったお金に変えるための保険として、サラリーマン等の一般の方から人気を博しています。ローンを組んで始めるのが一般的ですが、家賃収入からローンを支払うため、初期費用をあまり掛けずに始めることが出来ます。

ローンを組む際は「団体信用生命保険」への加入を条件としている場合がほとんどで、住宅ローン専用の生命保険となり、ローンを借りた方が死亡した際や、ガンと診断された場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を全て支払ってくれる保険です。

つまり、ローン残高が0円になり、なおかつ家賃収入を得るためのマンションは手元に残るため、自身や家族に安心を残せる生命保険となります。こちらの仕組みを活かして、生命保険代わりに不動産投資(マンション投資)を始める方や、節税の手段として始める方も多くいます。

 

その他

その他の実物資産投資として、ワイン、壺、絵画、クラシックカー、時計も実物資産投資に当てはまります。資産価値が落ちづらく、価値の上がりそうなものを購入し価値が上がった際に売却益を得ます。

道端で安く買った1枚の絵が、何年か後に10倍、100倍の価値に跳ね上がるような夢のような話もあり、アート投資という呼ばれ方をすることもあります。
趣味も兼ねて始める方が多い投資です。

実物資産投資の各商品のメリット、デメリットとは?どれを選ぶべき?

上記の表のように、実物資産投資にはそれぞれにメリット・デメリットがありますが、どれを選ぶべきか、資産運用の側面から考えていきましょう。


「その他」の実物資産投資については、強みである安全資産としての側面が薄いため、趣味の延長戦上として行うのが良いでしょう。生活の大きな余裕がある方は良いですが、一般の方に向いた投資になるので、資産運用としてはあまり現実的では無いかと考えられます。

そのため「貴金属」の代表となる「金」と「不動産投資」の二つのどちらが資産運用として良いのかを考察していきます。

「金」は、世界共通の価値があるという部分が大きな魅力になるので無価値になることはありません。ただ、変動リスクがあることを注意しておくべき商品です。2020年8月に最高値を更新し、当面人気は続くと考えられていますが、この先価値が上がるのか下がるのかが不透明で、売却益しか望めないという商品特性を考えると、資産運用としては心許ない商品です。

「不動産投資」は、価値が上がった際の売却益しか望めない他の実物資産と違い、価値が上がらなくても、賃借人が付いていれば、継続的に家賃収入を生み続けることが出来るという明確な強みがあります。

「金」は放っておいても、利益を生まず、増えることもありません。しかし「不動産投資」は、家賃収入で利益が増えていきます。売却益だけの「金」と、売却益だけでなく継続した収入を生み出すことの出来る「不動産投資」。未来の安心のために今始める投資としては「不動産投資」が最適解になるのではないでしょうか。

さらに、節税効果、団体信用生命保険で保険代わりになり、初期投資を抑えることが出来るというメリットもあり、サラリーマンを始めとした多くの方に選ばれています。

まとめ

【この記事のポイント】

  • 貴金属は変動リスクがある商品(プラチナと金の価格も逆転した)
  • 金は過去最高値を更新し、価値が上昇しているが今後どうなるかが不透明
  • 不動産投資は家賃収入だけでなく節税、生命保険代わりにもなる
  • 不動産投資は知識が無くても始めることが出来る
  • 売却益と継続収入の両方を見込める不動産投資が最適解

「金」と「不動産投資」、資産運用のために今始めるべきは、不動産投資ではないでしょうか。

ただ、「卵を一つのカゴに盛るな」Don't put all your eggs in one basket.というアメリカのことわざでもあるように分散投資を行っていくことが必要になるので、初期投資と手間の少ない不動産投資から始め、その後に「金」や金融資産へも投資していく運用も考えられます。

老後の安定的な収入のためにも、資産運用のポートフォリオの中心に不動産投資を置き、リスク分散しながら未来に備えることをお勧めします。

まずは一度不動産投資会社から話を聞く、セミナーに参加をし、不動産投資を知ってみることから始めてみてはいかがでしょうか。

不動産投資をもっと知りたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

【オンラインセミナーも開催中!】

こちらは、エステムマガジンを運営する東京日商エステムによる不動産投資セミナーです。初心者でも分かり易く、基礎から不動産投資を学ぶことが出来るのが特徴です。

まずは不動産投資の話を聞いてみたい方、資産運用を検討している方、将来のために何かをすべきと考えている方などにオススメです。

著名講師による特別セミナーや、トップコンサルタントによるセミナーを定期的に開催しており、聞きたいテーマを選べるだけでなく、お住まいの地域・ご予定に合わせてセミナーのご参加方法もお選びいただけます。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP