会員限定資料ダウンロード

サラリーマンが不動産投資を始めるときに注意すべきたった1つのこと

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資を始めるにあたって、考えなければならないことや覚えておいたほうがよい知識はたくさんあります。自分の資産を投じて始めるのですから、それなりの時間や手間をかける必要があるのは、当然と言えば当然なのかもしれません。

そう言われると、不動産投資を「難しいもの」や「面倒なもの」と感じてしまうかもしれませんが、始めるにあたって必ず押さえておきたい注意点はたった1つです。今回は「それさえ押さえておけば、スムーズで確度の高い不動産投資が可能になるポイント」についてご説明します。

サラリーマン投資家のよくある悩み

不動産投資とは、マンションなどの不動産を購入し、家賃収入から利益を得る投資方法です。ひと昔前まで、不動産の購入は「一握りの資産家だけができること」というイメージもありましたが、今日では一般的なサラリーマンでも始めることができる資産運用法として、認知が高まってきました。

しかし、誰でも始められる投資だとわかっていても、実際に始める前に躊躇してしまう人は多いのではないでしょうか。サラリーマン投資家で、さらに投資初心者の場合、「本当に失敗しないのか」「お金はどうやって工面すればよいのか」といった不安は大きいでしょう。
また、「他の投資と比べた際のメリットはなにか」「実際にどのくらいの手間がかかるのか」などの具体的な疑問も生じるはずです。

身近に不動産投資を行っている人がいれば相談することも可能ですが、その人のやり方が自分にも合うというわけではありませんし、そもそも投資について相談できる人がいるケースは恵まれていると言えます。
不安や疑問を払拭できないまま、時間だけが過ぎてしまっている……というのが、不動産投資を始めたい人に多い悩みの1つかもしれません。

不動産投資を始めるときに必要な情報とは

実際に不動産投資を始めるにあたっては、さまざまな知識や情報が必要になります。

1.物件選びについて

不動産投資は購入した物件から利益を生み出すことを目的として行うので、どんな物件を選ぶのかは投資の成否に関わる重要なポイントです。物件選びには、エリアや間取り、長期的に見たニーズや周辺環境など、さまざまな情報が必要です。

2.リスクについて

「絶対に成功する投資」というものはありません。むしろ、100%に近い成功をうたっているものがあるとしたら、疑ってかかるべきです。
不動産投資も同様で、リスクを抑えて長期的に資産を形成するのに向いているとはいえ、そこにリスクがないわけではありません。どういったリスクがあるのか、それを回避するにはどんな対策が必要なのか、について知っておくことは大切です。

3.税金について

不動産投資をすると、それにまつわる納税の必要性が出てきます。サラリーマンの場合、会社がその手続きを代行してくれるので、税金についてあまり知らないという人は意外と多いもの。
どういった税金をどのタイミングで支払うべきか、さらに節税のために何をすればいいのかなど、知っておくべきことを知っておかないと損をする可能性があります。

4.手続きについて

実際に不動産を購入することになると、契約や登記など初心者にとっては煩雑な手続きが必要になります。購入の流れ、用意すべき書類、融資を受けるための審査などの実務についての知識も必要です。

注意すべきたった1つのポイントは、「どうやるか」より「だれとやるか」

不動産投資に必要な情報を見ていくと、不安はいっそう増してくるかもしれません。すべてを自分自身で学び、正しく知識を獲得し、不動産投資を成功させる――。サラリーマンとして本業を抱えながら行うのはハードルが高いと感じた方もいるでしょう。

不動産投資を始めるときに注意すべきたった1つのポイント、それは「どうやるか」ではなく「だれとやるか」ということです。

こう言ってしまうと身も蓋もありませんが、不動産投資の知識や経験のない初心者がいくら考えても、なかなか最適な答えにはたどりつけません。
しかし、そこに信頼できるパートナーが存在したらどうでしょうか。自分の不安や悩みの相談に乗ってくれる、必要な情報を提供してくれ実務を代行してくれる、そういったパートナーに出会うことが不動産投資においてはとても重要なのです。

先に説明したように、不動産投資には多岐にわたる知識や情報が必要です。物件について、税金について、手続について、などを包括的にサポートしてくれるよい会社に出会えるかどうかが、不動産投資の明暗を分ける大きなポイントとなります。

まとめ

サラリーマンには自分の仕事(本業)があり、不動産投資に多くの時間を費やせるわけではありません。しかし、不動産投資には必要な知識や実務が多く発生します。それらを安心して任せることができる最適なパートナー選びが、サラリーマンの不動産投資には必須です。

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP