会員限定資料ダウンロード

次に狙うは東京?大阪?不動産投資家が目をつけるべき都市開発計画

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

東京と大阪では、いま大規模な都市開発が行われています。街が変わるということは、人の流れやニーズも変わってくることになり、不動産投資をするにあたっても、その影響を無視することはできません。

そんな東京と大阪の都市開発計画の中から、東京・渋谷と大阪・梅田にスポットを当てて、都市開発と今後不動産投資で狙うべき物件について考えていきます。

なぜ今都市開発なのか

東京や大阪などの大都市圏において、都市開発が盛んとなっています。その大きな要因の一つに2020年の東京オリンピックの開催が挙げられます。2020年に向けた開発計画を見ると、羽田空港や成田空港の機能強化、首都圏三環状道路などの道路や、鉄道などのインフラ強化、さらには、大手町・丸の内エリア、日本橋・八重洲・銀座エリアなどにおける都市開発など目白押しです。

これらは、もちろん東京オリンピックを成功させるための開発と無関係ではありませんが、さらにその先の都市の在り方、日本の発展を見越した開発でもあります。

つまり、これから日本が超少子高齢化を迎える一方、グローバル化がさらに進展するなかで、国際競争力のある日本を目指すための開発でもあるのです。いわば、東京オリンピックを契機とし、さらなる成長戦略を打っていくための開発といえるでしょう。そういった意味では、都市開発が東京のみならず大阪でも行われているのも、うなずける話であります。

東京・渋谷の開発計画

多くの観光客に人気のスポットである渋谷のスクランブル交差点。多くの人が行きかう姿は、外国人にとって不思議かつ刺激的な光景のようです。
すでに渋谷では、複合商業施設ヒカリエがオープンしたり、東急東横線が地下化したりと少しずつ変化しています。渋谷の開発は50年に1度とも、100年に1度とも言われていて、今後大きな変貌を遂げます。すでに、渋谷は日本の文化を海外に向けて発信する街となっていますが、これから多くの商業施設やホテル、オフィスができることで、さらなる文化の発信や、新しい価値を生み出していく街となっていきます。

大阪・梅田の開発計画

大阪・梅田の開発は、梅田駅の北側、いわゆる「うめきた」地区が中心です。すでに行われた「うめきた1期」の開発では、グランドフロント大阪が誕生し、梅田周辺の人の流れを大きく変えたと言われています。

さらに、「うめきた2期」の開発でキーワードとなっているのは「ライフデザイン」です。今後、超少子高齢化を迎える日本では、健康や医療産業の拡大、新製品や新サービスの拡充が必要不可欠と言えますが、まさに「うめきた2期」では、人々が豊かに暮らせる都市づくりが目指されており、健康・医療分野の産業創出とみどりの融合した街が作られていく計画です。

どういった不動産に投資すべきか

東京・渋谷と大阪・梅田の開発の様子を見ていくと、明らかにその方向性が異なっていることがわかります。渋谷の場合は、グローバリゼーションを見据えた日本文化の発信と新しい価値の創造がキーポイントです。一方、大阪梅田の場合は、健康や医療分野を重視し、超高齢化社会を豊かに暮らすという点に重きが置かれています。

この両者を比較した時に、不動産投資家として、それぞれのエリアでどういった物件に投資をすることが有益と考えられるでしょうか。

渋谷には、これからさらに多くの人と情報が集まっていくと考えられます。そこに必要な物件はファミリータイプではなく、単身者向けのワンルームです。さらには、そういった物件では、今後海外旅行者向けのAirbnbなどで宿泊施設として稼働させることも可能になるでしょう。東京は、今後も引き続き人口が増加していきますが、高い需要を見込むことができるという点では、ワンルームタイプが最も手堅く、学生や社会人、高齢者などの単身世帯のみならず、旅行者向けにも活用できれば、可能性はさらに広がります。

一方、大阪・梅田の例を見てみると、医療や健康分野の充実が図られる暮らしやすい街づくり、というキーワードからは、ワンルームよりもファミリータイプの方に需要の高まりがあると言えます。

ファミリータイプの物件を考える時には、必ずしも駅までの利便性を考慮する必要はありません。むしろ、駅から離れていたとしても治安のよさや教育環境の充実といった面から選ばれる場合が多いからです。「うめきた」エリアを中心に医療やサービスが充実し、みどりの多い環境がある、となったときには、そのエリアを通勤圏とする層、すなわちファミリー層からの需要が高まることが期待できます。

まとめ

不動産投資は、長期的な視点で地域ごとのニーズを見ていくことが必要です。東京・渋谷と大阪・梅田の開発を比較しただけでも、その目指すところの違い、そして投資すべき物件の違いが見えてきます。

参考サイト
https://www.shibuyabunka.com/special/201402/
http://www.dbj.jp/pdf/investigate/etc/pdf/book1503_04.pdf
https://iqra-channel.com/osaka-central-park

不動産投資のプロから話を聞きたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

不動産投資は、リスクの少ない確かな投資商品です。ですが、リスクがないわけではありません。当セミナーでお伝えすることはいかにリスクを抑えるか。
不動産投資についてわからないことや不安がある方は、まずは当セミナーへ参加してみてください。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP