不動産投資の成功は「物件探し」が9割!?

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資が成功するかどうかは、「物件探し」で9割方が決まるとも言われます。
でも実際のところはどうなのでしょうか? このコラムで物件を購入するシミュレーションをしながら、中古物件探しのコツを探ってみましょう。

不動産投資用中古物件を買うまでの流れ

中古不動産物件を買う前に、「どんな物件がほしいのか」ということをはっきりさせておきましょう。
区分所有のマンションでも、ワンルームなのかファミリータイプか、さらには購入するエリアや予算など、決めておくべきことはたくさんあります。このような物件の条件によって、投資戦略は大きく変わるでしょう。

中古物件は相対取引ですから、売り手と買い手の条件が一致することで購入できます。
「こういう物件がほしい」という希望を早めに不動産会社に出しておけば、条件にピッタリな物件が見つかるかもしれません。100ある物件でも、掘り出し物件は1くらいの割合とも言われるくらい難しい物件探し。期間は長めに取って、焦らずにじっくりと探すことをおすすめします。

焦らずじっくり、でも思い切りも必要

でも、時間をかければ必ずよい物件に巡り合うとも限りません。
気に入った物件が見つかれば機を逃さないように、思い切って契約することも必要です。“腹づもり”が大切な場面もあります。

そして、いよいよ希望の物件が見つかったら、仲介業者を仲立ちにして、オーナーと交渉するのが一般的です。
また、キャッシュで購入するという人は少ないので、銀行などの金融機関から融資を受ける必要もあるでしょう。すべて条件が整ったら、売買契約・引き渡しとなります。

不動産投資の成功は“物件探し”が重要!

不動産投資では、不動産を保有しているだけでは収益を出せません。
人に貸して家賃収入を得るか、売却して譲渡益を得るかで収益を出していきます。高く貸したり売ったりするには物件に“市場価値”という名の魅力が必要です。
つまり、魅力ある物件探しが不動産投資の成否を分けるとも言えます。

気になる物件は直接見てみる

市場価値が高い掘り出し物件を見つけだすには、つねに情報収集をする必要があります。
インターネットで検索すれば、さまざまな物件情報が得られます。しかし、実際に物件を見てみるとイメージと違っていたということは大いにあります。
物件そのもののスペックだけではなく、共用部分や物件の立地条件、周辺環境なども不動産の価値を決める大切な要素です。
気になった物件があれば、ぜひ現地まで赴いて調査をしてみましょう。

まとめ

このコラムを通じて、「不動産投資で利益を上げるには、市場価値のある不動産を手に入れることが何より大切」ということがお分かりいただけたかと思います。
ここに「不動産投資は“物件探し”で9割方決まる」という言葉の由来があるのです。
不動産投資を成功させるためには、物件を見る“目”を養いましょう。

不動産投資をもっと知りたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

【オンラインセミナーも開催中!】

こちらは、エステムマガジンを運営する東京日商エステムによる不動産投資セミナーです。初心者でも分かり易く、基礎から不動産投資を学ぶことが出来るのが特徴です。

まずは不動産投資の話を聞いてみたい方、資産運用を検討している方、将来のために何かをすべきと考えている方などにオススメです。

著名講師による特別セミナーや、トップコンサルタントによるセミナーを定期的に開催しており、聞きたいテーマを選べるだけでなく、お住まいの地域・ご予定に合わせてセミナーのご参加方法もお選びいただけます。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP