気になる不動産投資の空室リスク、実際のところを知りたい!

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資のメリットは、家賃収入を得られることです。しかし、空室が発生してしまえば収入が得られるどころか、ローンや必要経費の出費によってマイナス収支となってしまいます。

不動産投資で成功するためには、空室リスクをしっかりと認識して、空室を出さないための対策が必要です。

空室リスクを回避する方法を考えておく

不動産投資をする場合に必要な費用はさまざまです。金融機関からの融資を受けて不動産を取得する場合は、毎月のローンの支払いが発生します。
他にも、管理費や修繕積立金が必要なこともありますし、固定資産税や都市計画税などの税金も支払わなければなりません。

不動産投資で家賃収入が得られることは魅力的ですが、空室が発生してしまえば収入が得られるどころかマイナスになります。不動産投資をすれば、自動的に入居者が決まるわけではないので、空室を発生させない方法を考えることが非常に大切になります。

資産価値を高めるためには

空室を発生させないためには、「入居したい!」と思わせる物件であることがポイントです。
自分が賃貸物件を探すときの気持ちになって考えてみましょう。もちろん「家賃が安い」「仕事や通学の交通の便がよい」ということも物件探しのポイントですが、物件そのものの魅力が高ければ、「この家に住みたい!」と思うはずです。

新築であることや人気のあるエリアであること、最新の設備が導入されている物件には入居希望者が集まりやすくなります。築年数が経っていても、外装がきれいであったり、内装がリフォームされていたりすれば、物件としての魅力を高めることができます。

また、入居希望者が内見に来た際の印象をよくすることも大切です。普段からごみが落ちていないか確認したり、植栽の手入れをして清潔感が感じられる物件にしておくことが理想です。
物件の管理は、管理体制が整っており実績にある会社に一任することをオススメいたします。

入居者の立場になってみる

空室を発生さないためには、入居者のニーズを考えることも必要です。
学生街にファミリー向けの間取りの物件を購入しても、高い需要は見込めません。
お年寄りが住むことが想定される物件であれば、スロープなどのバリアフリーを取り入れると訴求力が高まります。
「どんな人が住むのか」「住む人が満足する家とはどういう家か」を考えていくことで魅力は高まっていきます。

また空室が続く場合には、家賃を見直すことも必要になります。入居希望者に、物件と家賃が見合っていないと判断されてしまうことで空室が発生します。

長い間空室にしておくよりも、多少家賃を下げてでも入居してもらったほうがリスクの低減になります。
近隣エリアで同じような間取り、築年数の物件の家賃を調べて相場をつかむことも大切です。

まとめ

不動産投資の家賃収入で副収入を得るには、空室を出さないための対策が必要となります。
入居者にとって魅力的で、満足できる物件とはどういった物件かを考えてみましょう。
空室になった場合に備えた家賃保証制度や、サブリースの制度などもあるので活用を検討するのも対策の一つです。

不動産投資をもっと知りたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

【オンラインセミナーも開催中!】

こちらは、エステムマガジンを運営する東京日商エステムによる不動産投資セミナーです。初心者でも分かり易く、基礎から不動産投資を学ぶことが出来るのが特徴です。

まずは不動産投資の話を聞いてみたい方、資産運用を検討している方、将来のために何かをすべきと考えている方などにオススメです。聞きたいテーマを選べるだけでなく、お住まいの地域・ご予定に合わせてセミナーのご参加方法もお選びいただけます。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP