タグ:

不動産投資を始める年齢はいくつから?年齢ごとの投資に関する考え方をご紹介

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資を検討する方の中には「20代で始めるのは早すぎる?」「60代で始めるには遅すぎる?」など、年齢に関する疑問を思い浮かべる方も少なくないのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、不動産投資を検討するにあたって、いくつかの年代ごとに、それぞれの年代の方がどんな考え方を持って不動産投資に臨むべきなのかについてご紹介します。
不動産投資を始めるタイミングについてお悩みの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

不動産投資を始めるのに早すぎる・遅すぎるということはない

結論からお伝えすると、不動産投資において適切な年齢というものはほぼないと考えて良いでしょう。
20代では若すぎて不動産投資には早い、逆に60代ですと年齢を重ねすぎているから不動産投資ができない、という決まりはありません。
年齢ごとに必要な不動産投資のポイントや運用方法を理解することが大切です。

年代ごとの不動産投資の考え方・始め方

不動産投資を始めるにあたって適切な年齢はありませんが、それぞれの年代に適した考え方・やり方をご紹介していきます。

20代で始める不動産投資

不動産を現金一括で購入するお金がない方も多い20代ですが、若いうちに不動産投資を始めるメリットは、長期で返済可能な不動産投資ローンを利用できることです。
たとえば、25歳で35年のローンを組んだ場合、月々決まった額を支払い続けてさえいれば35年後の60歳で完済できることになります。
さらに、「繰り上げ返済」という前倒しの返済方法を活用することで、返済期間を短くするか、月々の返済額を低くするかを選択することもできます。
早いうちから不動産投資による収益を得て、ローンの完済が早く終われば、貯蓄やさらなる資産形成を進めることも可能となり、老後の不安も軽くなるでしょう。

一方で、不動産投資ローンの審査に通るかどうかは最大の障壁となってきます。
20代の方は「勤続年数が浅い」と判断される傾向があるため、目安として年収が約500万円以上で、転職を繰り返していない(勤続年数が長い)と、比較的ローン審査が通りやすくなります。

また、若くて健康なうちに不動産投資を始めれば、「団体信用生命保険(団信)」に加入することもできます。「団信」とは、ローン契約者が死亡もしくは所定の高度障害状態などになった際に、残りのローンを肩代わりしてくれる保険です。病歴があると加入できない場合もあるので、病気のリスクが少ない時に始められることも、大きなメリットでしょう。

30代で始める不動産投資

30代になると、勤続年数もある程度長くなることで、職場における役職も変わって収入も上がり、年老いていく両親のことなど、将来のことを本気で考え出す方も少なくないかと思います。
不動産投資ローンの審査を通すための条件も、概ね満たしていることが多いため、安心して不動産投資を始められると言えます。
金融機関から長期の融資を受け、長い期間キャッシュフローを得られるということに関しては、30代は比較的ベストな年齢と言えるかもしれません。
20代同様に、病歴の少ないうちに団信に加入することができるというメリットもあります。

また、家庭を持ち、子どもがいる場合でも、まだ教育費などが高額になる前に不動産投資をスタートすることが出来るというメリットもあります。将来の家族のことを考えると、30代で不動産投資を始めることは非常に良いタイミングと言えます。

40代で始める不動産投資

30代よりもさらに役職が上がり、年収や貯蓄額も増えている場合が多い40代から不動産投資を始めてみるのも良いでしょう。
勤続年数も長く、収入も高くなっていれば、信用性が高いと見なされ、長期的な不動産投資ローンを組める可能性も高くなります。
また、購入する物件やケースにより異なりますが、頭金を多く用意できる方の場合は、毎月の家賃収入がローン返済額を大きく上回るように設計することもできるでしょう。
利子分の支出をできるだけ減らしたい方は、ボーナスなどを利用した繰り上げ返済も可能です。
家族がいれば、子どもの進学など、お金がかかる機会も多くなってくる年齢ですので、30年から35年の長期返済ローンを利用して、月々のローン返済額を抑え、万が一のために団信への加入をしておくことがおすすめです。
不動産投資の最大のメリットであるロングリターン(長期間にわたって家賃収入という安定した利益を獲得すること)は十分に期待できます。

50代で始める不動産投資

50代は定年を視野に入れ、退職金の使い方や将来のことなどを具体的に考える時期ではないでしょうか。
50代の不動産投資は、これまでの貯蓄や毎月の家計の黒字収支、いずれ受け取ることができる退職金などを有効に活用した投資ができるという点から、不動産投資に取り組みやすい年代と言えるでしょう。
また、50代は仕事が安定し、子育てにかける労力も減っている方も多い年齢ですので、空いた時間を不動産投資の勉強やセミナーの参加、物件探しなどに有効活用できるという点は優位に働きます。

一方、50代で不動産投資を始める場合、定年退職まで10~15年程度の期間しかないことがほとんどですので、長期の融資を受けられない可能性があります。
もし、不動産投資ローンを組もうと考えている場合は、退職金を受け取った後の繰り上げ返済を検討しておくなど、月々の返済を減額できたり、返済期間を短縮できる方法を考えることが大切です。

60代で始める不動産投資

60代から始める不動産投資の目的は「退職金を始めとする資産を大切に運用し、家族に残したい」あるいは、「将来の備えに残しておきたい」というようなことが多いかと思います。
まず、60代で不動産投資を始める場合は、金融機関から長期融資を受けられる可能性がかなり低いと考えておいた方が良いでしょう。
ローン商品には「最終完済年齢」という基準が定められており、不動産投資ローンの場合は少し厳しい傾向があります。最終完済年齢は、ローンを組む金融機関によって異なりますが、概ね75~80歳となっています。
また、資産がある方は、相続税対策のために不動産投資を活用するケースも多いです。現金よりも土地などの不動産の方が相続税評価額は低くなるため、家族の負担の軽減に繋がります。家賃収入を得ながら相続税対策をすることも大事なポイントとなります。

まとめ

今回は、年齢ごとに変えるべき不動産投資の考え方・始め方についてお伝えしました。
不動産投資ローンを組むことを考えれば、ローン審査に通りやすい30代・40代が「不動産投資のベストタイミング」という考え方もありますが、20代や50代・60代でも、年齢にあった計画や準備をしっかり行ってさえいれば、早すぎる・遅すぎるということはありません。
もちろん、この記事に書いている考え方が全てではありません。
不動産投資においては「こうすれば必ず上手くいく」というような正解は存在しませんので、ご自身に合った進め方を検討していくが重要です。
実際に、以前は30代・40代の参加者さまが多かった不動産投資セミナーですが、近年は様々な年齢の方にご参加いただいております。
不動産投資を始めてみたい方は、セミナーにご参加いただくなど、早速勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

資産形成の第一歩を踏み出したいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

「老後、お金が足りるか心配・・・」、「毎月の節税対策を何とかしたい・・・」、「投資を始めてみたいけれど、どうすればいいか分からない・・・」など、皆さんいろんな不安をお持ちです。
まずは、資産形成の第一歩を踏み出すためにセミナーに参加してみませんか?
エステムマガジンを運営する東京日商エステムの不動産投資セミナーは、オンラインでも開催中です。
PCもしくはスマートフォンのどちらかがあれば、どなたでも参加可能です。
投資初心者でもわかりやすく、基礎から不動産投資を学ぶことが出来るのが特徴です。

無料セミナーはこちら

オンラインセミナーは、セミナーテーマも充実!

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

■「マンション経営とは何?」を知ることができる!
 0から始めるマンション経営の仕組みとメリット

■リーマンショックやコロナショックなど経済危機と金融商品の関係性を学ぶ
 経済危機から資産を守る!金融商品徹底比較

■お客様の実体験から学べるから、わかりやすい!
 お客様の声から学ぶ!不動産投資成功の秘訣~失敗例編~

このほかにも様々なテーマがあるので、聞きたい内容に合わせてオンラインセミナーにご参加いただけます。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
※記事内の画像及びイラストはイメージです。
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP