会員限定資料ダウンロード

横浜は次なる不動産投資先?関内・馬車道エリアの開発計画が進行中!

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

横浜市で大規模な再開発が進められているのは、みなとみらい21地区だけではありません。

たとえば、関内・馬車道エリア。横浜スタジアムや赤レンガ倉庫ばかりにフォーカスされがちだった同エリアですが、横浜市庁舎の移転が本決まりとなったことで開発の動きも活発になり、注目されています。

そこで、今回はこの関内・馬車道エリアの再開発の現状と、それがマンション需要増に与える影響などについて解説しながら、不動産投資の可能性・将来性について探っていきます。

この先は会員限定となっております。

登録・ログインしてお進みください。

利用規約プライバシーポリシーに同意の上
ご登録ください。

資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP