女性オーナー急増!マンション経営は、今や男性だけのものじゃない

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

今までは「不動産投資=男性がやるもの」というイメージが強かったかもしれません。でも意外かもしれませんが、最近では女性のマンションオーナーが急増しています。

その背景には、キャリアを積んで自立した女性が増えていることも挙げられますが、「不動産投資はごくごく普通の女性でも始めやすい」という認識が広まったこともあります。

また女性は男性に比べて平均寿命が長く、その分だけ老後の資金が必要になるという事実も相まって、老後に向けての資産形成について真剣に考える特徴があるようです。今回は、女性ならではのマンション経営のメリットについて説明します。

女性は男性より平均寿命が長いけれど……

男性よりも女性の方が、平均寿命が長いことはご存知かと思います。2015年の厚生労働省の調査によると、女性の平均寿命は87.05歳、男性は80.79歳(※1)となっています。平均的に女性の方が長生きする一方で、女性の生涯賃金は男性よりも低いことが明らかになっています。

※1:厚生労働省『第22回生命表(完全生命表)の概況』

国税庁の調査によれば、女性の平均年収は男性の約半分(※2)という結果になっています。この理由は、結婚・出産などをきっかけに、退職したり雇用形態を変えたりする女性が多いためです。

※2:国税庁『平成29年度 民間給与実態統計調査』

また、フルタイムで働く女性と男性の月給比較においても、男性に比べて女性は73パーセント(※3)という調査結果もあり、男女間の収入格差が埋まっていないのが日本の実情です。

※3:厚生労働省『平成29年賃金構造基本統計調査』

男性よりも長生きでありながら、将来のために備えるべき収入が低いとなれば、女性が老後の資産形成を真剣に考えるのは当然です。

そして、数ある資産形成のなかでも特にマンション経営が人気なのは、女性でも無理せず安定して資産を増やしていくことが可能だからです。

女性でも、家庭をおろそかにしないでマンション経営ができる

仕事を中心として生活をしている女性も、家族や子どものために多くの時間を費やす主婦であっても、毎日が時間に追われ忙しくしているのは同じです。

投資をするとなると、株にしてもFXにしても、つねに経済状況に気を配りつつ、日々のインプットを欠かさずに行わなければ、確実な収益を出すことは難しいでしょう。

一方で不動産投資の場合は、購入する物件さえ決めてしまえば、あとの管理や家賃の回収などはプロに任せることが可能なので、無駄な時間を費やさずに済みます。

書店では、頭金ゼロからマンションオーナーになった女性が出版している本なども見かけますが、ごくごく普通のOLであっても不動産投資は十分可能なのです。

それに、不動産投資は自己資金が少なくても始めることができます。

ローンを組む場合には、マンション経営という事業への融資になるので、条件のよい物件を選ぶことで融資のハードルを下げることもできるのです。月々のローンの支払いは家賃からまかなうので、返済を終える頃には家賃を不労収入として得ることができます。

また、マンション経営を始めるのが早ければ早いほど、返済期間に余裕ができ、月々の返済額も少なくなります。始めるなら早いに越したことはありません。

マンション経営には「女性ならでは」の感性が活かせる!

「今までの不動産投資は男性が中心だった」ということは、多くの不動産が男性目線で経営されてきたとも言えるかもしれません。実はこれにこそ、女性が不動産投資で成功する“秘訣” が隠されています。

女性が賃貸物件を借りる時には、単純に「駅からの距離・立地・間取り」だけでは判断しません。いくら人気のエリアで駅から近いとしても、道沿いに暗がりがあれば敬遠するし、建物に死角があれば女性心理としては避けたくなるもの。

エントランスの明るさやエレベーターへの動線、防犯カメラの有無など、女性がマンションに求めるセキュリティレベルは、女性目線で納得できてこそ安心できるレベルと言えます。

またキッチンひとつとっても、シンクの広さや高さ、水回りの使いごこちなど、女性が毎日を楽しく過ごすためのちょっとしたポイントを押さえることができるのも、女性ならではの感性と言えるでしょう。

マンション経営なら老後の“万が一”の事態に備えられる

どんなに安定した暮らしを送っていたとしても、いつ自分にどんな不測の事態が降りかかるかは誰も分かりません。

万が一、自分が高齢になった時に住まいの問題に直面したとなると、「ゾッ」としてしまいます。

若くて独身の時は、好きな場所に好きなように住んで自由に暮らすことができます。しかし、高齢になってから賃貸で住宅を借りるのはなかなか難しいのが実情です。

それに、あまり考えたくないことかもしれませんが、「熟年離婚」という言葉をよく耳にするように、高齢になってから住む場所に困るケースも十分考えられます。

自分でマンションを所有していれば、万が一の事態が起こっても「自分が住む」という選択ができます。

賃貸で家賃を支払う場合には、収入の大半を費やさなくてはなりませんが、自分の持ち物であればその必要がありません。その分だけ、自分の生活や趣味にお金を使うことができるので、老後を豊かに過ごすことにつながります。

まとめ

【この記事のポイント】

  • 不動産投資なら、女性でも無理せず、安定して資産を増やしていくことが可能
  • 不動産投資なら、物件の管理などをプロに任せることが可能なので、無駄な時間を費やさずに済む
  • 不動産投資は、自己資金が少なくても始めることができる
  • 女性ならではの感性が。女性が不動産投資で成功するカギ

女性のマンションオーナーが増えている理由についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

女性ならではのライフステージや感性の活かし方を見てみると、急増しているのも納得できるかと思います。

長い人生を豊かに過ごすための手段として、マンション経営を選択肢のひとつとして考えてみませんか?

【こちらの記事もチェック】

不動産投資をもっと知りたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

【オンラインセミナーも開催中!】

こちらは、エステムマガジンを運営する東京日商エステムによる不動産投資セミナーです。初心者でも分かり易く、基礎から不動産投資を学ぶことが出来るのが特徴です。

まずは不動産投資の話を聞いてみたい方、資産運用を検討している方、将来のために何かをすべきと考えている方などにオススメです。

著名講師による特別セミナーや、トップコンサルタントによるセミナーを定期的に開催しており、聞きたいテーマを選べるだけでなく、お住まいの地域・ご予定に合わせてセミナーのご参加方法もお選びいただけます。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP