会員限定資料ダウンロード

新築マンション投資とFXを比較!

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

この記事では、新築マンションの不動産投資と為替投資であるFXを比較していきます。
それぞれのメリット・デメリットを挙げながら、どのような人が向いているのかを説明していきます。

新築マンション投資のメリット

47-2_

新築マンション投資は価格の規模が大きくリスクが高く見えますが、資産価値の変動幅はFXに比べ圧倒的に小さく、低リスクです。
FXとは、外貨の為替変動によって得られるキャピタルゲインですが、さまざまな外的要因が絡み、先読みが不安定です。
それに比べ、家賃の価格は景気に左右されにくく、安定して収入を得ることが可能です。
「空室の場合は収入がないのでは?」と思われるかもしれませんが、都心部や駅近の物件であれば、空室のリスクはほとんどありません。 またそのリスクの低さから、空室でも家賃収入を保証する賃貸管理会社も存在します。

新築マンション投資のデメリット

新築マンション投資のデメリットは物件の価格規模が大きいことでしょう。
ただし、中古物件や駅から離れたアパートなどに比べ、新築マンションは金融機関からの担保評価が高いため、融資を受けやすく、初期費用を低く抑えられる可能性が高いです。また、売却に時間がかかるのもデメリットの一つでしょう。

FXのメリット

47-1_

FXの最大のメリットはレバレッジをかけられることです。
そもそも、貨幣価値の変動幅は、株式よりも小さく低リスクかと思われがちですが、このレバレッジをかけられることで、そのリターンを大きくすることを可能としています。
レバレッジは最大25倍なので、手持ち資金50万円ほどの資金でも1000万円以上のお金で信用取引ができ、大きな利益を得ることが可能です。

FXのデメリット

FXのデメリットとしては、変動性が高く安定性に欠けることでしょう。
最大の特徴であるレバレッジも、リターンは大きくなりますが逆にリスクも大きくなってしまい、一攫千金は狙えても安定した収入を得ることは難しいと言えます。またFXは外貨の動きを読んで、いかに収益が出るときに取引を行うか、といった見極めの才能も必要になってきますので、誰でも手軽に収入を得られるとは言えません。

まとめ

新築マンションとFXは、その性質が大きく異なります。
新築マンションは低リスクである上に、リターンも大きいです。リタ―ンを得るまでに時間を要しますが、マンション経営の大部分は管理会社が代行してくれるので、自分の時間を使うことは、ほとんどありません。
FXは高レバレッジの場合ですが、ハイリスク、ハイリターンです。レバレッジの比率次第では、最初の投資金額を超える収益を得ることができる反面、損失を生む可能性も高く、一攫千金の象徴ともいえるでしょう。ただ、レバレッジを抑え、リスクを取らない取引をコツコツと積み重ねていけば、安定したリターンを得られる可能性もあります。

しかし、常に相場の変動に気を配り、動きを見ていないといけないので、自分の時間を大きくとられてしまいます。
日常の取引の選択を急がせられることが無く、安定確実を望まれる方々に新築マンション投資は喜ばれています。

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP