会員限定資料ダウンロード

賃貸管理を委託するメリットとデメリットとは?

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

投資用マンションのオーナーはマンション管理をどうしているでしょうか。
自主管理にしている人もいれば、管理会社にマンション管理を委託している人もいます。しかし、意外とマンション管理を委託するメリット・デメリットを知らない方もいるので、今回はその点を詳しく解説します。

マンション管理を委託するメリット

不動産投資においてマンション管理と言えば、一般的に「賃貸管理」を意味します。賃貸管理とは主に以下のような業務があります。

  • 1. (賃料)集金代行
  • 2. 賃料滞納への対応
  • 3. 苦情対応
  • 4. 契約更新業務
  • 5. 退去時のクリーニング・修繕

これらの賃貸管理を委託するメリットは時間と手間をかけなくて済むという事に尽きます。

賃貸管理を委託せず自分でやる場合、管理費回収業務だけでも、自分が所有している物件の家賃がすべて振り込まれたか、わざわざ自分で確認しなければいけません。また、そこで支払いの滞納や金額の違いがあれば、自ら入居者に連絡して催促しなければならないのです。
さらに、入居者とのトラブルや、入居者同士のトラブルなど、クレーム関係も管理委託をしていないとすべて自分で対応をすることになります。その点、管理を委託すれば、上記のことはすべて管理会社が行ってくれます。そのため、オーナーが物件に割く時間や手間が減る点は賃貸管理を委託する最大のメリットです。

マンション管理を委託するデメリット

一方、賃貸管理を委託するデメリットは、「管理費用が発生する」という点です。管理会社によって管理委託費用は異なりますが、相場としては家賃の5%前後です。つまり、管理を委託することによって、家賃収益が5%下がるということです。

まとめ

賃貸管理を委託すると、上述したようなメリット・デメリットがあります。管理委託費用を支払うに値するかどうかが鍵になるので、所有物件の数と自分が管理にかけられる時間を加味して考えましょう。

不動産投資のプロから話を聞きたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

不動産投資は、リスクの少ない確かな投資商品です。ですが、リスクがないわけではありません。当セミナーでお伝えすることはいかにリスクを抑えるか。
不動産投資についてわからないことや不安がある方は、まずは当セミナーへ参加してみてください。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP