会員限定資料ダウンロード

不動産投資ローンを受けるときの流れを知りたい!

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産投資ローンを受けるときには、事前に審査をするなどの「手続き」があります。この一連の手続きは時間もかかるので、事前に把握しておかなければいけません。
そこで今回は、不動産投資ローンを受けるときの「流れ」を解説します。

不動産投資ローン申請のための準備

まず、不動産投資ローン申請のためには以下の書類を用意する必要があります。

  • 1. 登記簿謄本(「登記情報識別書」という名称の場合もあります)
  • 2. 物件概要書(上記1で代用も可能)
  • 3. キャッシュフロー試算表(賃料想定表)
  • 4. 物件取得関連費用概算表(物件購入時の諸費用)
  • 5. 固定資産税評価証明書
  • 6. 公図
  • 7. 住宅地図
  • 8. 販売図面
  • 9. 建物図面
  • 10. 物件写真
  • 11. 源泉徴収票(もしくは確定申告書)
  • 12. 個人証明書(運転免許証など)
  • 13. 借入明細書(ほかに借入がある場合)
  • 14. 印鑑証明書
  • 15. 住民票
  • 16. 課税証明書(納税証明書)

上記1~10については、基本的には不動産会社が用意してくれます。

申し込み手続き~審査

41-1_

前項で説明した書類を用意して、実際に「借入審査申込書」に署名・捺印をします。
この辺りも不動産会社がすべてフォーマットを用意してくれますが、金融機関と直接やりとりする場合には、金融機関からフォーマットを受け取る必要があります。

金融機関から融資審査結果が届く

審査の申込手続きをすると、融資審査結果が金融機関から届きます。
この審査期間は、金融機関や借入者のプロフィールによって異なりますが、2~4週間程度が目安の期間です。不動産会社経由で審査をしていれば、不動産会社から審査結果の連絡を受けます。

融資の手続き~物件購入

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金融機関から融資の結果が届き「承認」の場合には、融資の手続きを行います。
主に、以下のことを行うための手続きです。

  • 1. 抵当権設定契約・根抵当権設定契約
  • 2. 金銭消費貸借契約
  • 3. 団体信用生命保険

上記1の抵当権とは担保設定のことで、仮に借入者が返済不能になったときに金融機関が主導で物件を処分できる権利になります。また、上記2の金銭消費貸借契約は、金融機関と結ぶローンの「本契約」です。
最後の「団体信用生命保険」については、借入者が死亡、または高度障害になったときに残債が補てんされる保険です。この保険に加入しないと、借入者に万が一の状況があった場合、誰も返済できないということになってしまうのです。

この上記3つの手続きが終わり、物件の引渡時に融資が実行されれば、不動産投資ローンに関する全ての手続きは完了します。

まとめ

このように、不動産投資ローンを受ける時には、主に事前に審査をしてから本契約の手続きに入ります。
審査申込から融資実行まで1ヵ月以上かかる場合も多いので、融資実行を急いでいる場合には特に注意しましょう。

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP