• 不動産投資

不動産投資は何歳までに始めればいい?その理由とは?

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする
  • はてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送る

不動産投資は、他の投資に比べ安定性に優れていますが、期間を要します。
そのため、始める年齢は若ければ若いほどお得であり、20代から始める人も多くいます。ですが、勤続年数が長くなり銀行から融資を受けやすくなる30代~40代、定年が近くなる50代以上で不動産投資を始める人も勿論います。
では、一体何歳に始めるのが良いのでしょうか。

20代までに不動産投資を始めた場合

まだ年収も低く、勤続年数も短いため、住宅ローンが通りにくいでしょう。ただし、若いうちに不動産投資を始めれば、その分完済年齢が早いので、40代で安定した家賃収入で生活していけるようになるのも難しくありません。
また、その資金を元に次の投資にチャレンジできるので、定年退職までにさらに大きく投資できるチャンスが産まれるのも魅力でしょう。
金融機関にもよりますが1年以上の勤続年数と400万円程の年収があれば、融資を受けられる可能性は大いにありますので、担当の営業マンに聞いてみましょう。

30~40代で不動産投資を始めた場合

年収も安定していて勤続年数も長いことから、不動産投資を始めるにあたって最も適した年齢でしょう。
銀行側にとって、20年、30年ローンの返済の見通しが最も立てやすく、融資を受けるベストタイミングだといえます。
また、融資を受けながらも複数戸並行して物件を所有する事も大いに可能です。

50代以上で不動産投資を始めた場合

銀行側がオーナー様の定年後の生活を気にし始める年齢です。
定年が近い場合、収入も大きく見込めないため融資の評価としては下がります。50代前半であれば、定年までの時間が短いため、支払いのスピードが重要となってくるでしょう。
また、不動産投資のためのローンを組む際の団体信用生命保険のメリットはまだ有効です。さらに相続税対策にも効果的ですので、現金や株などのペーパー資産に偏っている場合は、現物の資産にも変えてリスクヘッジするのはおすすめです。

まとめ

融資を受けられるかどうかの難易度はありますが、不動産投資はできるだけ若いうちに始めた方が良いです。若い分、時間をかけられることで、定年退職までの期間に家賃収入の総額を多く受け取ることができ、ローンの残債も完済に近づける事ができます。
安心できる老後のために不動産投資を始める方も多いですが、それだったら20代で不動産投資を始め、40代の段階で家賃収入だけで生活できるのが理想形ですよね。
決して非現実的なものではなく、融資さえ通れば実現する可能性も高いので、できるだけ早いうちに取り組みましょう。

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする
  • はてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP