• 不動産投資

初めて不動産投資を行う方にワンルーム不動産投資がオススメな理由とは?

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする
  • はてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送る

不動産投資には、一戸建て、一棟アパート、一棟マンション、ワンルームマンション、ファミリータイプとさまざまな種類があります。
「初めて不動産投資をする時は新築・中古、どんな物件を買えばいいの?」とお悩みの方も多いと思いますが、そういった方にはワンルームマンションを推奨します。この記事では、初めて不動産投資を行う方にワンルームマンション投資がオススメである理由を説明いたします。

低額から購入できる

アパートや、一軒家に比べると低額で購入することができます。
得られる家賃収入は大きくは見込めませんが、その分リスクやランニングコストも小さくすみます。資金的に余裕がある方も、想定内のコスト幅で収まるワンルームから始めると良いでしょう。
また、多数の不動産を所有しているオーナー様のリスク対策として、エリアを分散してワンルームマンションを所有しているケースが多いです。

好立地物件が多い

アパートや戸建ては駅前などの好立地に建っていることはあまりないのですが、マンションはそういった利便性の良い場所に立地していることが多いです。
好立地というのは不動産投資において非常に重要な項目であり、高い家賃を継続して取り続ける事ができるのはもちろんですが、そもそも入居者様の満足のいく利便性であることが大きな要素となります。そういった意味では、都心・駅近の好立地だと、空室リスクがさらに低くなるので、より安定した投資となるでしょう。

管理に手間がかからない

平日に仕事をしながら不動産投資をしたいとお考えの場合、手間を掛けず日常の生活と並行して行えるかという事はとても大事なポイントです。
一般的に投資マンションは区分所有になるので、管理の業務は管理会社が一括して行っていますので、オーナー様が直接現場で業務を行う事はありません。ワンルームマンションであれば、忙しいサラリーマンでも複数の物件を所有することも問題なくできます。

まとめ

ワンルームマンションの投資は様々な不動産のタイプの中でも比較的一戸あたりの単価を抑えてスタートできる点と、管理が楽で、想定できる負担コストが少額である事から手軽に始められる不動産投資です。コツをつかむような気持ちで小さく始めるのはいかがでしょうか。予期せぬ事があっても、リスクを小さく抑えられます。

「大きく稼ぐのも、まずは経験を経てから」という考え方があるように、まずはある程度投資スタート後の一連の流れや賃借人様の入退去を経験の上で、場所・戸数を分散して増やし、リスクヘッジが確立した上で、大きな投資物件に分散するのも一つの方法です。

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする
  • はてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP