• 不動産投資

「区分所有」と「1棟」、投資初心者におすすめなのはどっち?

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする
  • はてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送る

不動産投資の初心者には、ワンルームなどの「区分所有」がおすすめと言われます。
たしかにいきなりマンション1棟を購入するのは、資金的にも心理的にも難しいかもしれません。でも実際のところはどうなのでしょうか?

1棟マンションはなかなか手が出しにくい…

1棟マンション経営のメリットには、土地活用の自由度と一度に入る収益の高さがあります。
土地・建物すべての所有権が自分のものなので、銀行や信用金庫から融資を受ける場合にも、事業として評価されやすく、融資を受けやすい傾向があります。

ただし、火事や地震などの災害が起きたときの一度に受けるダメージが大きいことや、一部屋の家賃が下がり始めると、すべての部屋に波及してしまうため、リスクの度合いが大きくなるデメリットもあります。そしてなによりも、1棟マンションは購入価格の高さが最大のネックです。とくに価格の高い都心部の1棟マンションは、一般のサラリーマンが簡単に手を出せるものではありません。

不動産投資初心者には区分所有がおすすめ

そこでおすすめしたいのが区分所有です。区分所有マンションの最大メリットは、なんと言っても購入金額が低いことです。
投資初心者でも少ない金額から始められるので、心理的ハードルが低く、購入する際に利用するローンの金額が低くて済むので、借入リスクを低く抑えられます。

また同じ金額を投資するのであっても、マンション1棟を丸ごと買うよりも、区分所有のマンションを複数箇所に分散して買う方が、災害などのリスクを最小限に抑えられます。

ワンルームマンション投資は狙い目?

また、マンションタイプによる違いもあります。初心者のワンルームマンション投資が推奨される理由として、購入金額の他に退室時のリフォームや維持費といったコストも安くて済むという利点があります。
手元資金の少ない初心者が始めやすい不動産投資だと言えます。現在、せめてもの購入価格を抑えてスタートしている1棟マンションのオーナーは、土地の仕入れを優先せんがために地方部や郊外へ集中し、賃貸需要に見合わない供給過剰気味の状況です。

ワンルームマンションなどの区分所有は人気エリアや交通の便がよいといった立地条件をピンポイントに1部屋単位で購入できるので、歴史上、成功例の揃った立地条件に今からでも参入できる専門性の低い方でも安心してマンション投資を行うことができます。

まとめ

一般のサラリーマンにとって、いきなり1棟マンションからスタートすることは荷が重すぎるかもしれません。
その点、区分マンションなら低い金額でも購入できますし、資金を増やしながら物件を適時買い増ししていくことも十分可能です。

「区分所有?それとも1棟所有?」という選択は、手元資金や出口戦略、物件を保有する期間などといった投資方針に左右されますが、手が届きやすくてリスクの少ない区分マンションにトライしてみてはいかがでしょうか?

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする
  • はてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 無料相談サービス PAGETOP