会員限定資料ダウンロード

投資用マンションはどんなエリアで選べばよい?

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

不動産の価値を決める要素として、「立地」が重要なのは言うまでもないでしょう。不動産投資を成功させるには、顧客(借り主や買い手)のニーズがある物件を必要があります。
自分の投資戦略に合った、できるだけよい立地の物件を選ぶには、どのようにすればよいのでしょうか。

やっぱり駅近くの物件が有利?

よい立地条件と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、「駅から近いこと」ではないでしょうか。
確かに物件は駅の近くであればあるほど理想的だと言えますが、そのぶん物件価格も上昇します。「駅近であること」を絶対条件にするのなら、果たしてその物件の価格が地域の相場に見合うのか、もう少し離れていても魅力的な物件はないか冷静に判断するべきでしょう。

また郊外であれば基本的に車移動が前提となるため、「駐車場があるかどうか」が重要視されることもあります。
実際に暮らす人の生活スタイルを想像したうえで、どのような条件の物件なら入居者のニーズを満たせるのかを考えなくてはなりません。

居住ニーズが安定している都心部がおすすめ

0516_2

物件選びに悩む投資初心者におすすめしたいのは、やはり入居者が集まりやすい都心部や、都心部にアクセスしやすい首都圏でマンション投資を始めることです。
「初心者がいきなり都心のマンションを買うなんて、敷居が高いのでは……」と思う方もいるかもしれませんが、初心者こそ立地の魅力だけに頼らない掘り出し物件を見定めるのは至難の業でしょう。最初から“大穴”を狙おうとすると、必然的に失敗のリスクも高まります。

まずは安定的に入居者が獲得できる人気エリアから始めて、今後どんどんマンション投資の幅を広げていきたいのなら、そこで培ったノウハウや信用を活かして挑戦していきましょう。

地元の金融機関が融資の強い味方に

不動産を購入する際、キャッシュで一括払いを選択する人は少なく、銀行などの金融機関から借り入れるケースが大多数です。
借り入れ先を探すとき、全国に支店を展開する都市銀行(メガバンク)や政府系金融機関、地方銀行のほか、地元の信用金庫なども候補になるでしょう。

地元の信用金庫は融資審査のハードルがメガバンクなどに比べると低い一方で、地元密着という特性から、その地域内での融資に限られている場合もあります。
融資を受けやすいという意味でも、比較的なじみのある地域にある物件から始めて、徐々に信用力をつけていくのもよいかもしれません。

まとめ

不動産投資で継続的に収益を得るためには、値下がりリスクの少ない物件を見定めることが大切です。
常に買い手や借り手が見つかる物件=市場価値が高い物件ということになりますが、市場価値を決めるうえで「立地」が重要な要素となることは間違いありません。
まずは人気の高い都心部から条件に合う物件を探してみてはいかがでしょうか。

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP