会員限定資料ダウンロード

不動産投資の値下がりリスクを回避する2つのポイント

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

2020年の東京オリンピックに向けて、日本の地価が上がる気運が高まっています。しかしバブル崩壊後には、高騰しすぎた不動産の価値が下がってしまったのも事実です。

不動産投資を始めるにあたって、不動産価格の値下がりするリスクを回避するポイントを見ていきましょう。

値下がりリスクが低い物件の条件

値下がりリスクを避けるには、値下がりリスクの低い物件を選ぶのが鉄則です。
不動産に限らず、モノの価格は需給と共有のバランスで決まりますが、好条件の土地や不動産は供給が限られていますので、おのずと価格も下がりにくくなります。

では、どんなポイントに注意すれば値下がりリスクを回避できるのかを探っていきます。

値下がりリスクの回避ポイント①:立地条件

人気のある立地条件の不動産を確保するということは、不動産で収益を上げるうえでの基本です。

たとえば、駅の近くなど交通の便がよいエリアや、開発が進んでいて将来的に便利になるというエリアが当てはまります。

ただし、開発に伴って周辺の環境が悪化して人気が落ちるリスクもありますので、そのバランスの見極めも重要です。

値下がりリスクの回避ポイント②:設備条件

0515_2

値下がりリスクを避けるポイントは、立地条件のよさだけではありません。
立地条件以外にも、設備条件も見逃すことのできないポイントです。

近隣地域の他の不動産物件との差別化を図るには、オートロックや別々のバス・トイレ、広くてゆとりのある収納スペースなどの設備条件も重要です。
どんなに人気のあるエリアや駅から近くて便利な物件でも、設備面に魅力がなければ入居者から敬遠されがちです。

その結果として、不動産価格の値下がりを招く恐れがあります。それを避けるためにも、実際に自分の足で現地へ赴いてみましょう。入居者の気持ちとなって、その物件で生活していくことを想像してみると設備面の良し悪しが見えてくるはずです。

まだある値下がりリスクの回避ポイント

不動産は固定資産です。株や通過などの金融資産とは違い、現物があるので価値がゼロになることはほとんどありません。
でも築年数が経過するにつれて老朽化していくことは避けられず、不動産価格は緩やかに値下がりしていきます。

日頃のメンテナンスや管理も、不動産価格の値下がりを回避する大切なポイントです。

まとめ

不動産投資に限らず、投資にはリスクがつきものです。

しかし、購入時の賢明な判断によってリスクを軽減することが可能となります。
これは常に市場リスクにさらされている株などの金融投資とは大きく異なるので、不動産投資は初心者オーナーでもリスクコントロールがしやすい投資対象と言えるでしょう。

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP