会員限定資料ダウンロード

低金利&ペイオフ時代の今こそ、不動産投資にチャレンジ!

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る

総務省統計局の「家計調査」によると、2015年に日本の家計が保有していた金融資産は1世帯あたり平均1,805万円。中央値(※金額の多い人から並べて、ちょうど真ん中に位置する人の保有額)でも997万円となっており、日本人の「貯蓄好き」がうかがえるデータです。

一方、2005年には普通預金に対して、預金保険機構による預金者への払い戻しが保証されるのが、預金者1人あたり元金1,000万円までとその利息のみに制限(※ペイオフという)され、話題を呼びました。

ペイオフ対策として、不動産投資は有効なのでしょうか。

【不動産投資という選択】ペイオフ時代には貯蓄も「分散」を

ペイオフの解禁により、銀行にいくら預金残高があったとしても、その金融機関が破綻したら払い戻しが保証されるのは元金1,000万円とその利息のみとなりました。

バブル崩壊の記憶が脳裏に残っている日本人にとって、「金融機関の破綻」は絵空事ではありません。

そのため、ペイオフの導入時には、資産を失う可能性があるとして混乱が起こりました。投資の基本は分散ですが、ペイオフ時代には貯蓄にも「分散」が必要。その選択肢の一つが不動産投資です。

不動産は価値が「ゼロにならない」現物資産

株や為替、国債や投資信託など、投資商品にはさまざまありますが、経済が不透明な時代に強みを発揮するのは、金などの現物資産だと言われています。

不動産は、売りに出しても即時に換金できないリスク(流動性リスク)はあるものの、現物があるため、株や貨幣のように価値がゼロになってしまうことのない現物資産です。

そのため、ペイオフ対策として資産を分散する際に、選択肢の一つとして不動産が推奨されています。

不動産投資で、家賃収入という「インカムゲイン」を得る

不動産投資の強みの一つに、入居者がいる限りは家賃収入という「インカムゲイン」を安定的に得られるという点が挙げられます。たとえ融資を受けている金融機関が破綻したとしても、家賃収入がなくなることはありません。

株などと違い、一度購入してしまえば収入を得やすいので、本業を持ちながら副業として家賃収入を得たいサラリーマン大家には、魅力的な投資手段です。

まとめ

【この記事のポイント】

  • ペイオフ時代には貯蓄にも「分散」が必要であり、その選択肢の一つとして不動産投資が挙げられる
  • 経済が不透明な時代に強みを発揮するのは、現物資産だと言われる
  • 不動産投資なら、入居者がいる限り、家賃収入という「インカムゲイン」を安定的に得られる

今の日本は「マイナス金利」の導入など、歴史的な低金利時代になっています。金利が低いため、銀行に預けていても資産は増えず、タンス預金状態になってしまいます。

一方で、金利が低いということは融資が受けやすいということでもあり、投資家にとっては追い風となっています。

低金利時代の今だからこそ、ペイオフ対策としても不動産投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

不動産投資のプロから話を聞きたいあなたに

無料開催 0からはじめるウルトラマンション経営セミナー

不動産投資は、リスクの少ない確かな投資商品です。ですが、リスクがないわけではありません。当セミナーでお伝えすることはいかにリスクを抑えるか。
不動産投資についてわからないことや不安がある方は、まずは当セミナーへ参加してみてください。

無料セミナーはこちら
  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TweetするTweetする
  • はてなブックマークで共有するはてなブックマークで共有する
  • LINEで友達に送るLINEで友達に送る
資料ダウンロード セミナー詳細 PAGETOP